電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり

講談社+α文庫
デンツウマン36ニンニオソワッタ36トオリノオニキクバリ
  • 電子あり
電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『見栄講座』『気まぐれコンセプト』『東京いい店やれる店』のホイチョイ・プロダクションズが、満を持して放つ使えるビジネス・マナーの決定版。電通の「鬼」営業マン36人に徹底取材を敢行、そこから抽出した「どんな人でも努力しないで必ず成功する気くばり」のポイントを36個厳選して一冊にまとめた。

目次

  • 「戦略気くばり」とは何か
  • THIS IS JAPANESE BUSINESS MANNER
  • (1) 安物の同じボールペンを必ず2本持ち歩く。
  • (2) お詫びやお礼をメールだけで済まさない。
  • (3) 名刺は1ミクロンでもいいから、相手より下から出す。
  • (4) 得意先の吸っているタバコを常に携行する。
  • (5) トヨタの人を接待して送るときはトヨタ車のタクシーを拾う。
  • (6) ビジネス・メールには極力、人間の体温を残す。
  • (7) どうでもいい小さい仕事ほどすぐに片付ける。
  • (8) 3日後に100%の答えを出すより、翌日、60%の答えを出す。
  • (9) 会議中に携帯電話を受けるときは、事前に、「途中、1本電話を受けてもよろしいでしょうか」と断る。
  • (10) 接待の席には、相手の家族向けのおみやげを用意する。
  • (11) 見送りはタクシーが角を曲がるまでおじぎをつづける。
  • (12) 得意先にタクシーで行くときは100m手前で降りて歩く。
  • (13) 得意先の建物に入る前にコートは脱ぐ。
  • (14) 宴会やゴルフには、写真係を置く。
  • (15) ゴルフでは消しゴムを持ち歩く。
  • (16) 葬儀用に、白黒の名刺を用意する。
  • (17) 葬儀は必ず最後まで参列する。
  • (18) 人事情報はどこよりも早く掴む。
  • (19) 得意先からかかって来た電話でこちらの用件を言うときは、「いただいた電話で恐縮ですが」と言う。
  • (20) 接待では、相手の行きつけの店を予約しこっちが払う。
  • (21) メールを送ったら必ず電話で確認する。
  • (22) 土下座は、相手の怒りのピークではしない。一晩置いて、翌日みんなでする。
  • (23) メールでCCは多用しない。相手の文面は要約して送る。
  • (24) 服は自分のために着るものではない。得意先のために着るもの。
  • (25) 常に爪を手入れしておく。
  • (26) 宴会のために揃いのハッピを作る。
  • (27) いただいた名刺は、しまう前に一文字残らず読む。
  • (28) 会議室は最後に出る。建物は最初に出る。
  • (29) クリップは絶対に相手の社名や「御中」にかけない。
  • (30) 口が裂けても逆接の接続詞は口にしない。
  • (31) 得意先とエレベーターに乗るときは先に乗ってボタンの前に立ち、開閉操作をする。
  • (32) 書類に上司と並んでハンコを押すときは、上司より下に斜めに傾けてつく。

製品情報

製品名 電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり
著者名 著:ホイチョイ・プロダクションズ
発売日 2016年02月19日
価格 定価 : 本体460円(税別)
ISBN 978-4-06-281646-5
判型 A6
ページ数 144ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2012年7月に小社より刊行された『戦略おべっか どんな人でも、必ず成功する』を改題のうえ文庫化したものです。

著者紹介

著:ホイチョイ・プロダクションズ(ホイチョイ プロダクションズ)

広告業界を舞台にした『気まぐれコンセプト』でデビュー。
時代の空気を鮮やかに切り取る手腕にすぐれたクリエーター集団。著作の少ないことで知られ、『気まぐれコンセプト(1984年)『見栄講座 ―ミーハーのための戦略と展開―』 (1983年)『OTV』 (1985年)『極楽スキー』 (1987年)
『東京いい店やれる店』 (1994年) 『気まぐれコンセプト クロニクル』 (2007年)で小学館漫画賞特別賞受賞。『私をスキーに連れてって』『彼女が水着にきがえたら』『バブルへGO!』などの映画でも知られる。

オンライン書店で見る