誰も戦争を教えられない

講談社+α文庫
ダレモセンソウヲオシエラレナイ
  • 電子あり
誰も戦争を教えられない
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

広島、パールハーバー、南京、アウシュビッツ、香港、瀋陽、沖縄、シンガポール、朝鮮半島38度線、ローマ、関ヶ原、東京……。世界に大量に存在する戦争博物館と平和博物館。僕たちは本当に戦争のことを知らないのか? それとも戦争のことが好きなのか? 若き社会学者が「戦争」と「記憶」の関係を徹底的に歩いて考える!


まだ誰も、あの戦争をわかっていない……。

沖縄と靖国、戦争博物館のテイストは一緒?
中国は、日本を許す心の広い共産党をアピール!
韓国は、日本への恨みを無料のアミューズメントパークで紹介!!

広島、パールハーバー、南京、アウシュビッツ、香港、瀋陽、沖縄、シンガポール、朝鮮半島38度線、ローマ、関ヶ原、東京……。
世界の戦争博物館は、とんでもないことになっていた。

「若者論」の若き社会学の論客であり、「戦争を知らない平和ボケ」世代でもある古市憲寿が世界の「戦争の記憶」を歩く。

誰も戦争を教えてくれなかった。
だから僕は、旅を始めた。

目次

  • 序章 誰も戦争を教えてくれなかった
  • 第1章 戦争を知らない若者たち
  • 1 戦争を記憶する
  • 2 戦争を知らない日本人
  • 第2章 アウシュビッツの青空の下で
  • 1 万博としてのアウシュビッツ
  • 2 ベルリンでは戦争が続いている
  • 3 僕たちはイタリアを知らない
  • 第3章 中国の旅2011-2012
  • 1 上海――愛国デモの季節
  • 2 長春――あの戦争は観光地になった
  • 3 瀋陽――倒された塔の物語
  • 4 大連・旅順――南満州鉄道の終着地
  • 5 再び上海――戦争博物館のディズニー映画
  • 第4章 戦争の国から届くK-POP
  • 1 新大久保の悪夢
  • 2 感動の戦争博物館
  • 3 戦争が終わらない国で
  • 第5章 たとえ国家が戦争を忘れても
  • 1 沖縄に散らばる記憶たち
  • 2 平和博物館のくに
  • 3 そうだ、戦争へ行こう
  • 4 大きな記憶と小さな記憶
  • 第6章 僕たちは戦争を知らない
  • 1 2013年の関ヶ原
  • 2 僕たちは、あの戦争の続きを生きる
  • 3 戦争なんて知らなくていい
  • 終章 SEKAI no OwarI
  • 付録 戦争博物館レビュー

製品情報

製品名 誰も戦争を教えられない
著者名 著:古市 憲寿
発売日 2015年07月23日
価格 定価 : 本体850円(税別)
ISBN 978-4-06-281606-9
判型 A6変型
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2013年8月に小社により刊行された『誰も戦争を教えてくれなかった』を改題し、加筆、再構成の上、文庫化したものです。

著者紹介

著:古市 憲寿(フルイチ ノリトシ)

古市憲寿
(ふるいち・のりとし)
1985年東京都生まれ。
東京大学大学院博士課程在籍。慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員(上席)。株式会社ぽえち代表取締役。専攻は社会学。
若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)で注目される。大学院で若年起業家についての研究を進めるかたわら、マーケティングやIT戦略立案、執筆活動、メディア出演など、精力的に活動する。
著書に、『保育園義務教育化』(小学館)、『だから日本はズレている』(新潮新書)、『希望難民ご一行様』(光文社新書)などがある。

オンライン書店で見る