落語 師匠噺

講談社+α文庫
ラクゴシショウバナシ
落語 師匠噺
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いまなお伝統的な師弟関係が色濃く残る落語界。
赤の他人がある日突然弟子となり、師匠に仕える。
たいして稽古をしてもらっていないのに、どんどん似てくる不思議・・・・・・ 人気落語家9人が語る「私と師匠」。

春風亭柳昇と春風亭昇太
「歳取って、僕もこんな面白い生き物になれたなあって」
柳家小さんと柳亭市馬
「師匠は死なないって思ってました」
柳家さん喬と柳家喬太郎
「一番弟子っていいもんだなって」
柳家小三治と柳家喜多八
「そっくりって言われてもいい。弟子なんだから」
立川談志と立川志の輔
「談志が師匠じゃなかったら」  ほか。

目次

  • 文庫のためのまえがき
  • まくら、のようなもの
  • 春風亭柳昇と春風亭昇太
  • 柳家小さんと柳亭市馬
  • 三遊亭圓丈と三遊亭白鳥
  • 柳家さん喬と柳家喬太郎
  • 林家こん平と林家たい平
  • 春風亭小柳枝、春風亭柳昇と瀧川鯉昇
  • 林家木久蔵(木久扇)と林家彦いち
  • 柳家小三治と柳家喜多八
  • 立川談志と立川志の輔
  • 落語家略歴
  • おわりに
  • 文庫のためのあとがき

製品情報

製品名 落語 師匠噺
著者名 著:浜 美雪
発売日 2015年05月21日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-281597-0
判型 A6変型
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2007年4月に河出書房新社から刊行された単行本『師匠噺』を改題し、改訂して文庫化したものです。

著者紹介

著:浜 美雪(ハマ ミユキ)

浜 美雪/はま みゆき
1955年、横浜生まれ。国際基督教大学卒業後、日本興業銀行(現・みずほ銀行)に勤務したのち、『SWITCH』誌の編集者に。その後、筑摩書房の雑誌『頓智』の編集を経てフリーとなり、現在は『落語ファン倶楽部』(白夜書房)の編集などを手がけている。歌舞伎や映画関係のインタビュー、書評など、雑誌や新聞等でも活躍中。著書には『落語家の了見』(徳間書店)、『落語を聴くなら 古今亭志ん朝を聴こう』(白夜書房)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス