極上の酒を生む土と人 大地を醸す

講談社+α文庫
ゴクジョウノサケヲウムツチトヒトダイチヲカモス
極上の酒を生む土と人 大地を醸す
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本農業新聞で大好評を博した連載、『大地を醸す』に大幅に加筆する文庫オリジナル企画。
農産物を原料に、微生物の力を借りて醸される酒。自然の恵みと人類の叡智によって生み出される酒。酒は農産物の延長線上にあるもので、単に工場で生産される工業製品ではありません。
そんな信念をもとに、その土地に息づく風土や文化を発信しようと、情熱を燃やす蔵元たちを描くノンフィクション。
本格焼酎の時代を変えた「百年の孤独」から、新世代の日本酒を牽引する、「喜久醉」「会津娘」「秋鹿」「松の司」「根知男山」。そして、ニュージーランドで世界を驚嘆させたワインを醸す「KUSUDA」まで。土にこだわり、農業に取り組み、極上の酒を生み出す蔵を徹底取材。
新聞連載時にはなかった特別編として、大震災からの復興を目指し、その思いを醸す蔵元のルポも収録(dancyu掲載記事に大幅加筆)。酒好きだけでなく、日本の食と、農業の未来を考えるすべての人必読のドキュメンタリー。

目次

  • 一 風土伝える焼酎造り……宮崎県「黒木本店」
  • 二 米農家と共に歩む……滋賀県「松の司」
  • 三 会津の土と魂が生む純米酒……福島県「会津娘」
  • 四 里山で生まれる米から一貫造りの酒……大阪府「秋鹿」
  • 五 故郷が繋ぐ米を究めた美酒……静岡県「喜久醉」
  • 六 奇跡の谷から世界へ発信する……新潟県「根知男山」
  • 七 新世界でワイン造りに挑むサムライ……ニュージーランド「KUSUDA」
  • 八 失われた故郷の大地を求めて……福島県「磐城壽」
  • 九 銘醸地としての誇りを胸に……宮城県被災地の蔵「日高見」「墨廼江」「乾坤一」「伯楽星」

製品情報

製品名 極上の酒を生む土と人 大地を醸す
著者名 著:山同 敦子
発売日 2013年02月21日
価格 定価 : 本体933円(税別)
ISBN 978-4-06-281507-9
判型 A6変型
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 『日本農業新聞』((株)日本農業新聞)において2010年1月1日~7月17日に毎日連載されたコラム「大地を醸す」と、『dancyu』(プレジデント社)2011年6月号、7月号、10月号、2012年4月号における寄稿を元に、追加取材を重ねてまとめた文庫オリジナル作品。

著者紹介

著:山同 敦子(サンドウ アツコ)

さんどう・あつこ●土地に根ざした酒と食をテーマに執筆するジャーナリスト。JSA認定ソムリエ、SSI認定利酒師。長野県原産地呼称制度における日本酒および本格焼酎官能委員。薩摩大使。
東京生まれ、大阪育ち。上智大学文学部卒業。新聞社、出版社を経て、酒蔵を訪問したことがきっかけでフリーランスに。『dancyu』『pen』ほか多くの雑誌に寄稿。『愛と情熱の日本酒 魂を揺さぶる蔵元たち』(ダイヤモンド社、ちくま文庫)、『旨い! 本格焼酎』(ダイヤモンド社)、『至福の本格焼酎 極楽の泡盛』(ちくま文庫)、『ヴィラデストワイナリーの手帖』(新潮社)、『寄り道パン!セ こどものためのお酒入門』(イーストプレス)など著書多数。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス