人がガンになるたった2つの条件

講談社+α文庫
ヒトガガンニナルタッタフタツノジョウケン
  • 電子あり
人がガンになるたった2つの条件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 1000年に1度の発見――人はついにガンも克服した! 糖尿病も高血圧もメタボも認知症も怖くない! 免疫学の世界的権威の集大成!! 人は60兆個の細胞のなかに、性質の異なる2つのエネルギー工場を持っている。この細胞のエネルギー系にこそ、人が病気になる決定的なカギが隠されていた。  低酸素・低体温の体質を治して超健康に!!


 1000年に1度の大発見――人類はついにガンも克服した!!
 糖尿病も高血圧もメタボも認知症も怖くない!!

 私たちは60兆ある細胞の中に、性質の異なる2つのエネルギー工場を持っています。このエネルギー工場をうまく使い分けることで、人間はここまで進化してきたわけですが、じつはこの細胞のエネルギー系に人が病気になる決定的なカギが隠されていたのです。本書では、こうした点をふまえ、人がガンになる条件を2つに絞り、様々な角度から解説しています。ストレスと呼んできたものを、さらに具体的にすることで2つの原因が浮かび上がってきたといっていいでしょう。難しく考える必要はありません、意識することは「たった2つ」でいいのです。

目次

  • 第1章 ガンは「ありふれた病気」
  • 第2章 生命を動かす2つの仕組み
  • 第3章 ストレスの本当の役割
  • 第4章 調和した生き方とは何か
  • 第5章 意外に知られていない男女の違い
  • 第6章 血液ドロドロの効用
  • 第7章 医者が薬に頼る理由
  • 第8章 栄養学が忘れた重要なこと
  • 第9章 ガンにならない8つのルール

製品情報

製品名 人がガンになるたった2つの条件
著者名 著:安保 徹
発売日 2012年02月21日
価格 定価 : 本体790円(税別)
ISBN 978-4-06-281464-5
判型 A6変型
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 2010年7月、小社から刊行されたものを文庫収録にあたり改題、加筆し、再編集した。

著者紹介

著:安保 徹(アボ トオル)

(あぼ・とおる)

 1947年、青森県に生まれる。医学博士。新潟大学大学院医歯学総合研究科教授。1972年、東北大学医学部卒業。米アラバマ大学留学中の1980年、「ヒトNK細胞抗原CD57に関するモノクローナル抗体」を作製、「Leu-7」と命名。1989年、「胸腺外分かT細胞」を発見し、1996年には「白血球の自律神経支配のメカニズム」を解明するなど、数々の大発見で世界を驚かせる。
 著書には『病気は自分で治す』(新潮社)、『「薬をやめる」と病気は治る』(マキノ出版)、ベストセラーになった『免疫革命』(講談社インターナショナル)、共著には『ガンが逃げ出す生き方』『病気が逃げ出す生き方』(講談社)などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る