沢田マンション物語 2人で作った夢の城

講談社+α文庫
サワダマンションモノガタリフタリデツクッタユメノシロ
  • 電子あり
沢田マンション物語 2人で作った夢の城
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小学生の時に「アパート」に感動し、アパート建設・経営こそ自らの天職と決めた沢田嘉農氏は12歳から製材一筋。その他の建築技術も瞬く間に独力で身につけ、裕江夫人と「100年もつマンション」「笑みがこぼれるマンション」の建設を目指した。2人の夢の結晶、沢田マンションは、設計から基礎工事、鉄筋組み、コンクリート打ち、配管、外装まで全て夫婦で建設した。型破りな夫婦の仰天人生を取材した痛快ドキュメンタリー!


夢の城建設にかけた型破り夫婦の仰天人生!
5階建てマンションの設計から土木工事までを独力でやり遂げ、理想の百年マンションを完成。楽しいコミュニティを作りあげた夫婦の驚愕・痛快人生ドキュメント。

目次

  • 第1章 「笑みがこぼれるマンション」の理由
  •  常識はずれのマンション哲学
  •  時代を先取りした「ヒーリングマンション」
  •  5階でも「地上1階の暮らし」
  •  屋上にも地下にも面白設計を
  •  大家顔負けの個性派住人たち
  •  専門家の注目を集めるまでに
  • 第2章 「奇才誕生」秘話
  •  型破りの「いごっそう」
  •  「なんでも極端」な性格
  •  強権には決して屈しない
  •  極貧の独り立ち
  •  初めてのアパート建設
  • 第3章 建てては売る新婚時代
  •  「火」と「鍋」の結婚狂騒曲
  •  アパート・一軒家併せて300所帯
  • 第4章 悲願のマンション建設の裏側で
  •  一生の土俵を得る
  •  100年もつマンション目指して
  •  ついに入居者を迎える
  •  沢田家の女たちの活躍
  •  今も湧き出す「独創的な」夢
  • 第5章 沢田夫妻が語りかけること
  •  「知」とは何か
  •  嘆く人と楽しむ人の違い
  •  充実のカギは「こだわり」にあり
  •  成功は他人がもたらしてくれるもの
  •  「家族再考」の時代
  • あとがき
  • 進化しつづける沢田マンション
  • 参考文献

製品情報

製品名 沢田マンション物語 2人で作った夢の城
著者名 著:古庄 弘枝
発売日 2009年09月19日
価格 定価 : 本体819円(税別)
ISBN 978-4-06-281308-2
判型 A6変型
ページ数 316ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 2002年、情報センター出版局より刊行された「沢田マンション物語」を加筆、修正し、副題をつけて文庫化したもの。

オンライン書店で見る