明治天皇の大日本帝国

メイジテンノウノダイニッポンテイコク
明治天皇の大日本帝国
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幕末の混乱の中で皇位についた16歳の少年は、いかにして「建国の父祖」の一員へと成長したか。京都を離れて江戸城跡に新宮殿を構え、近代憲法にその存在を規定された天皇の政治への意思とは。神道の主宰者にして「欧化」の象徴であり、巡幸と御真影でその姿を見せ続け、国民国家の形成とともに「万国対峙」を追求した「我らの大帝」の時代を描く。


■天皇は薩長の「操り人形」だったのか? 生身の政治家としての成長を追う。
「王政復古の大号令」の夜、小御所会議で「幼冲の天子」と揶揄された16歳の少年は、その後、伊藤博文ら元勲たちと信頼関係を結び、「建国の父祖」の一員として自ら重要な決断を下していくようになります。幕末の混乱のなかで皇位につき、現実政治の厳しさに直面した若き天皇は、いかに鍛えられ、成長していったのでしょうか。その成長の過程をつぶさに辿ります。

■最初の「東京の天皇」は、復古の象徴でありながら、欧化の体現者でもあった。
京都の公家社会を離れて東京にうつり、新たに「宮中」を創設した明治天皇。和風建築でありながら、儀礼の空間は洋風に装飾された明治宮殿。国学的な尊王論に支えられた神道の主宰者ながら、髷を切り、西洋料理を食した天皇は、歴史上初めて、「憲法」というものによってその地位を規定されることになっていきます。

■「見られる存在」となった天皇・皇后。国家の成長と「我らの大帝」の時代。
明治以前の天皇が、決して人々の前に姿を見せなかったのに対し、明治天皇は欧化の象徴として、全国への巡幸や「御真影」で国内外にその存在をアピールしていきました。洋装の皇后も天皇とともに姿を見せ、慈善活動や女子教育に新たな役割を見出していきます。西南戦争を経て、国会開設から日清・日露戦争へと向う国民国家建設の時代、この国に住む人々に「我らの天皇」という意識が生まれてくるのです。

目次

  • 序章 欧化と復古を生きた「大帝」   
  • 第一章 小御所会議の「幼冲の天子」
  •  1. 「江戸時代」の皇子        
  •  2. 幕末政治の中で          
  • 第二章 京都の天皇から東京の天皇へ    
  •  1. 東京奠都             
  •  2. 政府の強化と廃藩置県      
  •  3. 宮中改革と洋装の天皇      
  •  4. 「現実政治」との直面      
  • 第三章 明治憲法と天皇
  •  1. 侍補の教育と天皇親政運動    
  •  2. 明治十四年政変         
  •  3. 明治天皇と伊藤博文       
  •  4. 憲法の中の天皇          
  • 第四章 立憲君主としての決断       
  •  1. 新宮殿と洋風儀礼 
  •  2. 洋装の国母・美子皇后       
  •  3. 天皇と元勲たち          
  •  4. 日清戦争の決断 
  •  5. 政友会の成立と立憲政治の安定
  • 第五章 万国対峙の達成
  •  1. 日露戦争と戦後の天皇像
  •  2. 皇室制度の再整備と波紋
  •  3. 「明治の精神」の葬列
  • 終章 君主の成長と近代国家
  •  1. 大正天皇の課題
  •  2. 明治天皇が維持した帝国日本

製品情報

製品名 明治天皇の大日本帝国
著者名 著:西川 誠
発売日 2011年07月29日
価格 定価 : 本体2,600円(税別)
ISBN 978-4-06-280737-1
判型 四六変型
ページ数 398ページ

著者紹介

著:西川 誠(ニシカワ マコト)

(にしかわ まこと)は1962年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。現在、川村学園女子大学教授。専攻は日本近代政治史。主な共編著に、『日本立憲政治の形成と変質』(吉川弘文館)、共著に、『明治天皇と政治家群像』(吉川弘文館)、『皇室事典』(角川学芸出版)、論文に、「大正後期皇室制度整備と宮内省」(『年報近代日本研究20 宮中・皇室と政治』山川出版社)、また、『木戸孝允関係文書』(東京大学出版会)の編纂にも携わる。