ラーメンと愛国

講談社現代新書
ラーメントアイコク
  • 電子あり
ラーメンと愛国
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ「ラーメン職人」は作務衣を着るのか? いまや「国民食」となったラーメン。その始まりは戦後の食糧不足と米国の小麦戦略にあった。“工業製品”として普及したチキンラーメン、日本人のノスタルジーをくすぐるチャルメラ、「ご当地ラーメン」に隠されたウソなど、ラーメンの「進化」を戦後日本の変動と重ね合わせたスリリングな物語。


なぜ「ラーメン職人」は作務衣を着るのか?
いまや「国民食」となったラーメン。その始まりは戦後の食糧不足と米国の小麦戦略にあった。“工業製品”として普及したチキンラーメン、日本人のノスタルジーをくすぐるチャルメラ、「ご当地ラーメン」に隠されたウソなど、ラーメンの「進化」を戦後日本の変動と重ね合わせたスリリングな物語。

目次

  • 第一章 ラーメンとアメリカの小麦戦略
  • 第二章 T型フォードとチキンラーメン
  • 第三章 ラーメンと日本人のノスタルジー
  • 第四章 国土開発とご当地ラーメン
  • 第五章 ラーメンとナショナリズム

製品情報

製品名 ラーメンと愛国
著者名 著:速水 健朗
発売日 2011年10月18日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-280041-9
通巻番号 2127
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:速水 健朗(ハヤミズ ケンロウ)

1973年、石川県生まれ。ライター、編集者。コンピュータ誌の編集を経て現在フリーランスとして活動中。専門分野は、メディア論、都市論、ショッピングモール研究(『思想地図βvol.1』ショッピングモール特集の監修)、団地研究(『団地団 ベランダから眺める映画論』大山顕、佐藤大との共著を準備中)など。TBSラジオ『文化系トークラジオLife』にレギュラー出演中。主な著書に『タイアップの歌謡史』(新書y)、『自分探しが止まらない』(ソフトバンク新書)、『ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち』(原書房)など。ブログ「【A面】犬にかぶらせろ!」http://www.hayamiz.jp/「【B面】犬にかぶらせろ!」http://d.hatena.ne.jp/gotanda6/、ツイッターアカウントは、@gotanda6

関連シリーズ

オンライン書店で見る