高校生の発達障害

こころライブラリー
コウコウセイノハッタツショウガイ
高校生の発達障害
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ボクにできることは何だろう?

高校でも広がりつつある特別支援教育。どの高校に通い、どのような支援を受けるのか。
充実した高校生活を送るための学校選び・本人の心構え・高校の支援態勢を徹底解説!

目次

  • 第1章 高校での特別支援教育
  •  Aくんの場合/入学前から相談し、安心して高校に入れた
  •  Bさんの場合/人間関係の悩みを、先輩や大学生が聞いてくれた
  •  Cくんの場合/工業高校で職場実習に参加、働く自信がついた
  •  Dさんの場合/勉強面の相談をきっかけに、発達障害に気づいた
  •  Eくんの場合/養護教諭や職員に支えられ、孤立せずにすんだ
  • 第2章 安心感を重視して高校を選ぶ
  •  選び方/選択のポイントは「オープン」と「マッチング」
  •  選び方/見学して支援担当者に会うとホッとする
  •  高校の種類/安心感が強いのは、特別支援学校の高等部
  •  高校の種類/一般校ではある程度の主体性が求められる
  •  高校の種類/チャレンジスクールなど、地域別のとりくみ
  • 第3章 入学前後の支援で緊張感をほぐす
  •  入学前/診断を受け、生きづらさのわけを知っておく
  •  入学前/相談の希望は支援担当者や校長、教頭に伝える
  •  本人の気持ち/「発達障害」という言葉には抵抗を感じる
  •  入学後/本人・家族・学校で特性をオープンにする
  • 第4章 肯定感がもてることを高校で探す
  •  本人の気持ち/「どうせ勉強はできない」とあきらめている
  •  勉強/目標がみつからないが、将来への危機感がない
  •  学校生活/高校になじめず欠席が続き、進級が難しくなる
  •  学校生活/教師がいないところでいじめられ、苦しむ
  •  放課後の生活/部活動は環境があえば、自信につながる
  •  放課後の生活/悪友と付き合い、自己肯定感を満たす生徒も
  • 第5章 進学するか、社会で働くか
  •  進路相談/大学、専門学校、就労などが選択肢に
  •  進路相談/手帳をとり、支援を得ながら就労する人も
  •  就労支援/職場体験や実習で、仕事とのマッチングをはかる

製品情報

製品名 高校生の発達障害
著者名 監:佐々木 正美 監:梅永 雄二
発売日 2010年08月31日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-278964-6
判型 B20取
ページ数 100ページ
シリーズ こころライブラリーイラスト版

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス