オリンピックの身代金(上)

講談社文庫
オリンピックノミノシロキンジョウ
  • 電子あり
オリンピックの身代金(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小生、東京オリンピックのカイサイをボウガイします――兄の死を契機に、社会の底辺というべき過酷な労働現場を知った東大生・島崎国男。彼にとって、五輪開催に沸く東京は、富と繁栄を独占する諸悪の根源でしかなかった。爆破テロをほのめかし、国家に挑んだ青年の行き着く先は? 吉川英治文学賞受賞作

「東京だけが富と繁栄を享受するなんて、断じて許されないことです。誰かがそれを阻止しなければならない。ぼくに革命を起こす力はありませんが、それでも一矢報いるぐらいのことはできると思います。オリンピック開催を口実に、東京はますます特権的になろうとしています。それを黙って見ているわけにはいかない」――本文より――

製品情報

製品名 オリンピックの身代金(上)
著者名 著:奥田 英朗
発売日 2014年11月14日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-277966-1
判型 A6
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2008年11月に角川書店より単行本として、2011年9月に角川文庫として刊行されました。

著者紹介

著:奥田 英朗(オクダ ヒデオ)

1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。第2作の『最悪』がベストセラーとなる。続く『邪魔』が大藪春彦賞を受賞。また、2004年には『空中ブランコ』で直木賞を、2009年には本書『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞した。その他の著書に、『東京物語』『イン・ザ・プール』『マドンナ』『ララピポ』『ガール』『町長選挙』『家日和』『無理』『純平、考え直せ』『我が家の問題』『噂の女』『沈黙の町で』などがある。

オンライン書店で見る