サウスバウンド

講談社文庫
サウスバウンド
  • 電子あり
サウスバウンド
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

父は国家権力が大嫌い。どうやらその筋では有名な元過激派で、学校なんて行くなと言ったり、担任の先生にからんだり、とにかくムチャクチャだ。そんな父が突然、沖縄・西表島(いりおもてじま)に移住すると言い出し、その先でも大騒動に。父はやっぱり変人なのか? それとも勇者? 家族の絆、仲間の絆をユーモラスに描いた傑作長編。

目次

  • 第一部
  • 第二部

製品情報

製品名 サウスバウンド
著者名 著:奥田 英朗
発売日 2014年10月15日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-277935-7
判型 A6
ページ数 672ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2005年6月に角川書店より単行本として、2007年8月に角川文庫として刊行されたものです。

著者紹介

著:奥田 英朗(オクダ ヒデオ)

1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。第2作の『最悪』がベストセラーとなる。続く『邪魔』が大藪春彦賞を受賞。また、2004年には『空中ブランコ』で直木賞を、2009年には『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞した。本書は、直木賞受賞第一作にあたる。その他の著書に、『マドンナ』『ガール』『イン・ザ・プール』『町長選挙』『東京物語』『ララピポ』『家日和』『無理』『純平、考え直せ』『我が家の問題』『噂の女』『沈黙の町で』などがある。

オンライン書店で見る