恋愛小説

講談社文庫
レンアイショウセツ
  • 電子あり
恋愛小説
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『るり姉』『しずかな日々』『その青の、その先の、』――心の襞を描く作家・椰月美智子が贈る「生きた」恋愛大河小説。

二十三歳の美緒には、大好きな彼の健太郎がいる。かっこよくて、優しくて、結婚するんだろうな、と思っている彼が。

――しかし、ついサスケと寝てしまった。

サスケは、実は健太郎と美緒ともともと同僚だった男の子。確かに話が合うし、一緒にいて楽しいし、昔から仲はよかったけれど、その頃は同じ会社の彼女がいた。健太郎の方がイケメンだし、育ちがいいし、家族も仲がいい。健太郎と結婚するのが、絶対に幸せだし、なにより健太郎のことを美緒は好きなのだ。それでも、サスケのことも、別に好きなのだ。
そしてサスケは、健太郎という彼がいるけれど、自分には今特定の彼女はいないけれど、美緒のことが大好きなのだ。

いいじゃない、気が合う同士、会いたいもの同士、会ってるだけなんだから――。
しかしそんな身勝手な美緒とサスケの恋愛は次第に、様相が変わり始める。

好意、愛情、執着、秘密、嫉妬……。人を好きになる気持ち、好きでいる気持ち、恋愛の感覚全てが書きとめられた、恋愛小説の真骨頂。 あるひとりの女の、身勝手で未熟で生々しくも鮮やかな、恋愛大河叙事小説。

目次

  • プロローグ
  • 1 はじまりはじまり
  • 2 主となる登場人物紹介
  • 3 株式会社カワグチ部品工業
  • 4 それぞれの日曜日
  • 5 夏のはじまり
  • 6 再会
  • 7 ベストフレンド
  • 8 それぞれの夏
  • 9 秋の到来とサスケの初恋話
  • 10 嫉妬
  • 11 昔の友達
  • 12 恋のはじまり
  • 13 年末年始
  • 14 複雑さとか葛藤とか
  • 15 再び恋
  • 16 映子
  • 17 奥津と、奥津の周辺
  • 18 サスケの決意と、美緒の勝手すぎる手紙
  • 19 健太郎の怒り、美緒の羞恥
  • 20 決戦は日曜日
  • 21 転機らしきもの
  • 22 健太郎の思い
  • 23 春。セックスへの姿勢
  • 24 決定打
  • 25 営業課との飲み会
  • 26 健太郎との別れ
  • 27 純一、映子、宇多川かおる、栗原とのデート
  • 28 動き出した恋
  • 29 その後のいろいろ
  • 30 走り出す恋。それぞれの
  • 31 美緒の黒い感情と、かおる&ヤツガシラ
  • 32 美緒の誕生日
  • 33 その後の奥津、かおる、純一
  • 34 前夜祭と、黒い感情の消滅
  • 35 出発前
  • 36 鳥羽水族館
  • 37 伊勢神宮と残酷焼きとハートマークな夜
  • 38 旅の終わり
  • 39 夏の終わり。映子、かおる、奥津、健太郎
  • 40 健太郎現る
  • 41 美緒しっぽを振る。サスケ憤る
  • 42 サスケの告白。衝撃の美緒
  • 43 ジェロニモについて
  • 44 美緒の絶望。サスケの後悔
  • 45 妄想パレード
  • 46 美緒のシェルター
  • 47 美緒の吐き気について
  • 48 健太郎、再起
  • 49 『かっぱ』にて
  • 50 その後のいろいろII
  • 51 灰色の影、及び伏線
  • 52 生まれ変わった宇多川かおる
  • 53 サスケと美緒それぞれの情事、じゃなくて事情
  • 54 突然のプロポーズ
  • 55 物語は急展開の様相を見せはじめる
  • 56 物語は急展開の様相を見せはじめる その後
  • 57 そして物事は収束に向かう。善くも悪くも
  • 58 しおりという女
  • 59 これまでのいろんなことに比べると、あっけなさすぎる結末
  • 60 その後のいろんなこと
  • エピローグ

製品情報

製品名 恋愛小説
著者名 著:椰月 美智子
発売日 2014年09月12日
価格 定価 : 本体870円(税別)
ISBN 978-4-06-277918-0
判型 A6
ページ数 576ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年11月に小社より単行本として刊行されました。

オンライン書店で見る