童話を失くした明時に 薬屋探偵怪奇譚

講談社文庫
ドウワヲナクシタアカトキニクスリヤタンテイカイキタン
  • 電子あり
童話を失くした明時に 薬屋探偵怪奇譚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

祖父から譲り受けた本の内容が書き変わってしまう。こんな呪われた本を遺した祖父は、私を恨んでいたのでしょうか? 孫娘からの依頼を受けた探偵鬼鶫。しかし彼の実力を知る助手の佐々は、秘かに深山木薬店に調査を頼む。秋は、探偵、探偵助手と三人で依頼主の住む新潟へ。果たして、真相を解くのは誰だ?


祖父から譲り受けた本の内容が書き変わってしまう。こんな呪われた本を遺した祖父は、私を恨んでいたのでしょうか? 孫娘からの依頼を受けた探偵鬼鶫(きのつぐみ)。しかし彼の実力を知る助手の佐々は、秘かに深山木(ふかやまぎ)薬店に調査を頼む。秋は、探偵、探偵助手と3人で依頼主の住む新潟へ。果たして、真相を解くのは誰だ?

目次

  • 第一章 笑わない女
  • 第二章 作戦会議(甲)
  • 第三章 名探偵登場
  • 第四章 作戦会議(乙)
  • 第五章 助手の苦悩
  • 第六章 作戦会議(丙)
  • 第七章 薬屋と敗北
  • 第八章 反省会
  • 文庫版のあとがき

製品情報

製品名 童話を失くした明時に 薬屋探偵怪奇譚
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2014年07月15日
価格 定価 : 本体770円(税別)
ISBN 978-4-06-277866-4
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2011年9月に小社ノベルスとして刊行。

関連シリーズ

オンライン書店で見る