戦国スナイパー 謀略・本能寺篇

講談社文庫
センゴクスナイパーボウリャクホンノウジヘン
  • 電子あり
戦国スナイパー 謀略・本能寺篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

信長のボディガード兼猟兵頭として、信長の信頼を勝ち得ていく慶一郎。しかし信長の命を狙う巨大な陰謀がついに動き出した。主君を守るか?歴史を守るか? 信長最大の危機に慶一郎はどう動くのか? 『信長との遭遇篇』に続く怒濤の第二弾!


未来から来た自衛隊スナイパー・慶一郎は、鉄砲組から選抜された者たちを短期間で指揮官に育て上げ、女忍者のさくらや雨の助けも受け、信長の信頼を勝ち得る。しかし、信長暗殺の刺客は投宿先の本能寺を狙っていた。守るべきか、それとも――。歴史を変えたくない慶一郎はどう動くのか、彼に「未来」はあるのか?
『信長との遭遇篇』に続く怒濤の第二弾!

製品情報

製品名 戦国スナイパー 謀略・本能寺篇
著者名 著:柳内 たくみ
発売日 2014年04月15日
価格 定価 : 本体730円(税別)
ISBN 978-4-06-277783-4
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は講談社BOXより「戦国スナイパー2 謀略・本能寺篇」として2012年7月に刊行された。

著者紹介

著:柳内 たくみ(ヤナイ タクミ)

柳内たくみ(やない・たくみ) 自衛官を経験した後、2006年に自営業を開業。その傍ら、インターネット上で執筆活動を展開し、人気を博す。2010年4月、『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 1.接触篇』(アルファポリス)でデビューし、一躍注目を浴びる。ゲート・シリーズは全7巻を数え、文庫版、コミカライズも刊行、シリーズ累計100万部を超える。 2012年より講談社BOXで「戦国スナイパー」シリーズをスタート。第1巻は『戦国スナイパー 信長との遭遇篇』として講談社文庫に。講談社BOXでは『戦国スナイパー 3  信玄暗殺指令篇』を刊行しシリーズ継続中。

オンライン書店で見る