畦と銃

講談社文庫
アゼトジュウ
  • 電子あり
畦と銃
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“最強の農夫”、“樹上で叫ぶ少女”、“絆で結ばれた牧童たち”が、破壊された農地、山林、牧場を再生すべく蜂起する!!――地図から消えたところで、ミナギの魂は死にはしねえ。怪童・真藤順丈が呼び醒ます、あまりにも力強く、心強い消滅の物語。


“最強の農夫”、“樹上で叫ぶ少女”、“絆で結ばれた牧童たち”が、破壊された農地、山林、牧場を再生すべく蜂起する! あまりにも力強く、心強い消滅の物語。

―百姓の百ある業のひとつめ、一は一揆だぜ。
第一次産業の村、ミナギ。この地には拳銃があり、自らの畦を超えて乱暴を働く“あぜやぶり”たちがいた。茅葺き屋根が寄り合う退屈な村・ミナギ。悪どい手段で村を変えていく地主と”ネオ農”との争いを描く「拳銃と農夫」。
―本物のロックは、ずぇぇったいに山を守る!
林野庁の女性職員が樹上で叫び訴える「第二次間伐戦争」。
―生きてる証拠ならいくらでもあげる
全て壊すという選択は、全て造り直すという選択。
謎の襲撃者から牧場を守るティーンエイジャーの「ガウチョ防衛線」
第一部では農業、第二部では林業、そして第三部では畜産に命を捧げる“あぜやぶり”たちが、かけがえのないもののために蜂起する。
怪童・真藤順丈が圧倒的な才能とセンスで描き尽くした、ハードボイルド第一次産業小説!

目次

  • 第一部 拳銃と農夫
  •  一、農村の音
  •  二、猪男の襲撃
  •  三、百姓には百の仕事がある
  •  四、血の田んぼ
  •  五、世界の果てのカカシ
  •  六、天災と人災
  •  七、老農のため息
  •  八、おやすみ寄合
  •  九、黄金の夜の蜂起
  •  十、晩秋
  •  十一、あぜやぶり、ここに眠る
  • 第二部 第二次間伐戦争
  •  一、光の降る山
  •  二、REAL FOREST-ROCK FESTIVAL
  •  三、開戦の狼煙
  •  四、感取り
  •  五、おばあちゃんと杣
  •  六、ウッドマンの間伐戦争
  •  七、ともに天をいただかず
  •  八、山のロックンロール
  •  九、祝祭のあと

製品情報

製品名 畦と銃
著者名 著:真藤 順丈
発売日 2014年04月15日
価格 定価 : 本体890円(税別)
ISBN 978-4-06-277775-9
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2011年7月、講談社より刊行されたものに改稿を加えた。

著者紹介

著:真藤 順丈(シンドウ ジュンジョウ)

真藤 順丈(しんどう・じゅんじょう) 1977年東京都生まれ。2008年『地図男』で、第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞しデビュー。同年『庵堂三兄弟の聖職』で第15回日本ホラー小説大賞、『東京ヴァンパイア・ファイナンス』で第15回電撃小説大賞銀賞、『RANK』で第3回ポプラ社小説大賞特別賞をそれぞれ受賞し、型破りの才能を持つ作家として注目を浴びる。著書にはほかに『バイブルDX』『墓頭』(ルビ・ボズ)などがある。最新刊に『七日じゃ映画は撮れません』。

オンライン書店で見る