ミッドウェー戦記(上)

講談社文庫
ミッドウェーセンキ
  • 電子あり
ミッドウェー戦記(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

当時、日本海軍機動部隊は世界最強の実力を誇っていた。太平洋戦線における稼働隻数、戦闘機の性能、搭乗員の伎倆と多くの点で米軍を凌ぎ、米国側も「勝ち目なし」と悲壮な覚悟を固めていたほどだった。にもかかわらず、なぜ日本は敗れたのか? 今となっては貴重な、将兵たちへの直接取材をもとに著す傑作戦記。

目次

  • 第一部 戦端
  •     1 空母炎上 
  •     2 暗雲低迷 
  •     3 抜錨前後 
  •     4 待ち伏せ 
  •     5 勝運消滅 
  •     6 濃霧の中 
  • 第二部 喪失
  •     1 索敵遅延 
  •     2 島上爆撃 
  •     3 敵情不明 
  •     4 意見具申 
  •     5 被爆直後 
  •     
  • (下巻)
  • 第二部 喪失
  •     5 被爆直後(承前)
  •     6 飛龍死闘 
  • 第三部 生者
  •     1 激闘の末 
  •     2 混乱続く 
  •     3 軍艦衝突 
  •     4 伊号奮戦 
  •     5 生者必滅
  •      
  • 講談社文庫版あとがき 
  • 解説  神立尚紀

製品情報

製品名 ミッドウェー戦記(上)
著者名 著:亀井 宏
発売日 2014年02月14日
価格 定価 : 本体870円(税別)
ISBN 978-4-06-277746-9
判型 A6
ページ数 348ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『大阪新聞』、〈単行本〉1974年1月 光人社(表題「あゝ軍艦旗」)、1985年12月 光人社(新装版刊行、「ミッドウェー戦記」と改題)、〈文庫本〉1995年2月 光人社NF文庫(「ミッドウェー戦記 さきもりの歌」と改題)、2014年2月 講談社文庫(「ミッドウェー戦記」と改題のうえ、一部を加筆・訂正)

著者紹介

著:亀井 宏(カメイ ヒロシ)

1934年生まれ。1964年、文芸誌「新潮」に小説を発表し、作家デビュー。1970年『弱き者は死ね』で小説現代新人賞を受賞。30代半ばより太平洋戦争に関する調査を始め、戦場体験者の証言を訊くために全国をまわる。1980年、4000枚の労作『ガダルカナル戦記』(光人社、のちに光人社NF文庫)で講談社ノンフィクション賞を受賞。著書に、小説『真説猿飛佐助』(講談社)、『弱き者は死ね』(廣済堂)、『尾張の宗春』『踊る一遍上人』(以上、東洋経済新報社)、ノンフィクションに『戦時少年ヒロシ』(光人社)、『東條英機』(光人社NF文庫)、『ドキュメント太平洋戦争全史』(講談社文庫)などがある。

オンライン書店で見る