東京影同心

講談社文庫
トウキョウカゲドウシン
  • 電子あり
東京影同心
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

金子弥一郎は慶応3年に異例の若さで定町回(じょうまちまわ)り同心となったものの、幕府は瓦解して町奉行も消滅。新政府に仕官した同僚の誘いにも気が進まず、元岡っ引の始めた料理茶屋に居候を決め込んだが、ひょんな縁で佐幕派の「中外新聞」で種取り記者として探索にあたることに。元「八丁堀」同心の矜持を描く傑作長編。(講談社文庫)


「江戸の町衆を守る」捕亡(とりもの)一筋の弥一郎が選んだ生き方とは?
御一新に「八丁堀」同心がつける男の始末。

金子弥一郎は慶応3年に異例の若さで定町回(じょうまちまわ)り同心となったものの、幕府は瓦解して町奉行も消滅。新政府に仕官した同僚の誘いにも気が進まず、元岡っ引の始めた料理茶屋に居候を決め込んだが、ひょんな縁で佐幕派の「中外新聞」で種取り記者として探索にあたることに。元「八丁堀」同心の矜持を描く傑作長編。

目次

  • 第一章 つかみぼくろ
  • 第二章 ミルクセヰキは官軍の味
  • 第三章 東京影同心

製品情報

製品名 東京影同心
著者名 著:杉本 章子
発売日 2013年12月13日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-277715-5
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 講談社創業100周年記念書き下ろし作品として、2010年12月に単行本として小社より刊行された。

オンライン書店で見る