毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記

講談社文庫
ドクフキジマカナエヒャクニチサイバンボウチョウキ
毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

男たちはなぜ、だまされたのか――

肉体と結婚をちらつかせて男たちから1億円以上もだまし取り、
3人の男を練炭で殺害したとして死刑判決を受けた木嶋佳苗被告。
100日に及んだ裁判では、彼女のファッションまでもが話題となり、
自身のセックスについて赤裸々に語ったことで、日本中が騒然となった。

「稀代の婚活詐欺師」「平成の毒婦」と呼ばれた木嶋被告とは、どんな人物なのか。
決して美人とはいえない容姿で、何人もの男を手玉に取れた理由とは。

裁判の傍聴に加え、故郷・北海道別海町や事件関係者への徹底した取材を通して
木嶋被告の内面に迫った渾身の一冊!

「佳苗のことを考えていると、色んな風に考えが広がる。女と男のことを考える。女目線、男目線の違いを考える。私たちは、男に何を求めているのか。なぜ、男たちは佳苗に苛立つのか。ある種の女たちは佳苗に惹かれ、ある種の女たちは、佳苗を憎むのか」――本書より

目次

  • 目次
  • まえがき
  • 第1章 100日裁判スタート
  • やばい。私、振り回されてる
  • だまされた男たち
  • セックスをする男、しない男
  • 整形よりベンツ、ダイエットより料理教室
  • 佳苗が男にあげたもの
  • 佳苗ガールズ
  • 第2章 佳苗が語る男たち
  • 「名器」自慢に法廷内パニック!
  • 本命の男たち
  • ふつふつと湧く耐え難い嫌悪感
  • 光がない佳苗の瞳
  • 女性検事VS.佳苗
  • ついに死刑求刑
  • 第3章 佳苗の足跡をたずねて
  • 初めての罪
  • 母との葛藤
  • 佳苗が見た東京
  • 第4章 毒婦
  • 判決
  • 毒婦。
  • 付録 対談 北原みのり×信田さよ子
  • 母娘関係から読み解く「木嶋佳苗」事件

製品情報

製品名 毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記
著者名 著:北原 みのり
発売日 2013年10月16日
価格 定価 : 本体560円(税別)
ISBN 978-4-06-277688-2
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2012年4月、朝日新聞出版より刊行。

著者紹介

著:北原 みのり(キタハラ ミノリ)

1970年、神奈川県生まれ。コラムニストで、女性のセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表。著書に『フェミの嫌われ方』『ブスの開き直り』『はちみつバイブレーション』『アンアンのセックスできれいになれた?』など。近刊に『さよなら、韓流』がある

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス