待ってる 橘屋草子

講談社文庫
マッテルタチバナヤゾウシ
  • 電子あり
待ってる 橘屋草子
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

おふくが、「待ってる」ものとは――
少女の成長を通して語られる、下町の絆と心意気。
あさのあつこの人情小説!

「藪入りには帰っておいで。待ってるからね」母の言葉を胸に刻み、料理茶屋「橘屋」へ奉公に出たおふく。下働きを始めたおふくを、仲居頭のお多代は厳しく躾ける。涙を堪えながら立ち働く少女の内には、幼馴染の正次(しょうじ)にかけられたある言葉があったが――。江戸深川に生きる庶民の哀しみと矜持を描いた人情絵巻。

目次

  • 待ってる
  • 小さな背中
  • 仄明り
  • 残雪のころに
  • 桜、時雨れる
  • 雀色時の風
  • 残り葉

製品情報

製品名 待ってる 橘屋草子
著者名 著:あさの あつこ
発売日 2013年09月13日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-277645-5
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2009年2月に小社より刊行されたもの。

オンライン書店で見る