抱影

講談社文庫
ホウエイ
  • 電子あり
  • 映像化
抱影
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

生と死のはざまでほとばしる情念。これが北方謙三だ。 定期的に食事はするが、踏み込まない。響子とは二十二年、そうしてきた。死期が近いと告げられるまでは。硲(はざま)冬樹は画家。売れない絵描きではない。横浜に数軒の酒場を持つ。硲の絵を望んだ響子。消えゆく裸身をキャンバスにして、硲は鑿(のみ)を手にした硲は消えない絵を刻みつけようとする。男と女、北方ハードボイルドの到達点!


生と死のはざまでほとばしる情念。これが北方謙三だ。

定期的に食事はするが、踏み込まない。響子とは二十二年、そうしてきた。死期が近いと告げられるまでは。硲(はざま)冬樹は画家。売れない絵描きではない。横浜に数軒の酒場を持つ。硲の絵を望んだ響子。消えゆく裸身をキャンバスにして、硲は鑿(のみ)で消えない絵を刻みつけようとする。男と女、北方ハードボイルドの到達点!

目次

  • 第一章 西埠頭
  • 第二章 蝉の日
  • 第三章 揺曳の街
  • 第四章 キャンバス
  • 第五章 水色の牙

製品情報

製品名 抱影
著者名 著:北方 謙三
発売日 2013年09月13日
価格 定価 : 本体750円(税別)
ISBN 978-4-06-277636-3
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年9月に講談社創業百周年書き下ろし作品として刊行された。

著者紹介

著:北方 謙三(キタカタ ケンゾウ)

1947年佐賀県唐津市生まれ。中央大学法学部卒。’70年「明るい街へ」でデビュー。’81年『弔鐘はるかなり』でハードボイルド小説に新境地を開く。’83年『眠りなき夜』で日本冒険小説協会大賞、吉川英治文学新人賞、’85年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。’89年『武王の門』で歴史小説に挑み、’91年『破軍の星』で柴田錬三郎賞を受賞。さらに近年は『三国志』など中国小説での活躍も目覚ましく、2004年『楊家将』で吉川英治文学賞に、’06年には『水滸伝』全19巻で司馬遼太郎賞に、’11年『楊令伝』で毎日出版文化賞に輝く。このほか’09年日本ミステリー文学大賞受賞、’13年紫綬褒章受章。

オンライン書店で見る