貨幣の鬼 勘定奉行 荻原重秀

講談社文庫
カヘイノオニカンジョウブギョウオギワラシゲヒデ
貨幣の鬼 勘定奉行 荻原重秀
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「貨幣は国家が造る物。たとえ瓦礫であっても構いませぬ」。活況に沸く元禄期、危機的な状況にあった幕府財政を、劇的なインフレ政策で切り抜けた勘定奉行・荻原重秀(おぎわらしげひで)。勘定所の下級役人から異例の出世を遂げた男は、新しい「マネー」の概念を打ち立てた革命児だった。


“貨幣改革”で元禄マネーの根本を覆す!
成り上がり経済官僚が幕府を変えた!
おもしろい タメになる歴史経済小説。

「貨幣は国家が造る物。たとえ瓦礫であっても構いませぬ」。活況に沸く元禄期、危機的な状況にあった幕府財政を、劇的なインフレ政策で切り抜けた勘定奉行・荻原重秀(おぎわらしげひで)。勘定所の下級役人から異例の出世を遂げた男は、新しい「マネー」の概念を打ち立てた革命児だった。

※本作品は、2009年11月に単行本として小社より刊行された『月華の銀橋 勘定奉行と御用儒者』を改題したものです。

製品情報

製品名 貨幣の鬼 勘定奉行 荻原重秀
著者名 著:高任 和夫
発売日 2013年12月13日
価格 定価 : 本体890円(税別)
ISBN 978-4-06-277635-6
判型 A6
ページ数 528ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2009年11月に単行本として小社より刊行された「月華の銀橋 勘定奉行と御用儒者」を改題したもの。