黄金の太刀 刀剣商ちょうじ屋光三郎

講談社文庫
オウゴンノタチトウケンショウチョウジヤコウザブロウ
  • 電子あり
黄金の太刀 刀剣商ちょうじ屋光三郎
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ちょうじ屋光三郎VS稀代の詐欺剣相家 騙し騙され、目利き二人の真剣勝負!刀は、男の生き方さ。覇気が溢れ、見ているだけで命の力が湧き上がってくるような刀がいい。江戸を騒がす「黄金の太刀」をめぐり、とある大名家で一万両の刀剣詐欺が勃発。事件の鍵を握るのは、稀代の詐欺剣相家・白石瑞祥。相州、美濃、山城、大和、備前――。瑞祥を追い、光三郎は日本刀「五か伝」の地をゆく!


直木賞作家が渾身の筆で紡ぐ本格時代小説

刀剣商の誇りにかけて人と刀の真贋見極め候!

ちょうじ屋光三郎VS稀代の詐欺剣相家 騙し騙され、目利き二人の真剣勝負!

刀は、男の生き方さ。覇気が溢れ、見ているだけで命の力が湧き上がってくるような刀がいい。江戸を騒がす「黄金の太刀」をめぐり、とある大名家で一万両の刀剣詐欺が勃発。事件の鍵を握るのは、稀代の詐欺剣相家・白石瑞祥。相州、美濃、山城、大和、備前――。瑞祥を追い、光三郎は日本刀「五か伝」の地をゆく!

目次

  • 黄金の太刀
  • 正宗の井戸
  • 美濃刀すすどし
  • きつね宗近
  • 天国千年
  • 丁子刃繚乱
  • 江戸の淬ぎ

製品情報

製品名 黄金の太刀 刀剣商ちょうじ屋光三郎
著者名 著:山本 兼一
発売日 2013年09月13日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-277631-8
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2011年9月に小社より単行本として刊行された。

著者紹介

著:山本 兼一(ヤマモト ケンイチ)

1956年、京都府生まれ。同志社大学卒業。1999年『弾正の鷹』(祥伝社文庫)で小説NON短編時代小説賞佳作。2004年『火天の城』(文春文庫)で第11回松本清張賞を受賞。2009年『利休にだずねよ』(PHP文芸文庫)で第140回直木賞を受賞。現在、もっとも活躍が注目される実力時代小説家。ほかの著書に刀剣商シリーズ一作目にあたる『狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎』(講談社文庫)のほか、『いっしん虎徹』、「とびきり屋見立て帖」シリーズ(ともに文春文庫)、『ジバング島発見記』(集英社)、『命もいらず名もいらず』(上・下 日本放送出版協会)など。

関連シリーズ

オンライン書店で見る