戯史三國志 我が槍は覇道の翼

講談社文庫
ギシサンゴクシワガヤリハハドウノツバサ
  • 電子あり
戯史三國志 我が槍は覇道の翼
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

官軍に失望し、賊将となっていた程普(ていふ)。だが孫堅(そんけん)という大志を抱いた将に出会い、彼の運命は変わる。「主君を皇帝に」。しかし主が志半ばで倒れてから彼の中に芽生えたのは、若く有能な軍師・周瑜(しゅうゆ)への言いようのない嫉妬と焦りだった。そして運命を決める「赤壁(せきへき)の戦い」が迫る。(講談社文庫)


彼はいつ、主(あるじ)を見極めたのか。
呉の宿将、赤壁に向かうまでの葛藤とは。
まったく新しい「戯史三國志」第二弾

官軍に失望し、賊将となっていた程普(ていふ)。だが孫堅(そんけん)という大志を抱いた将に出会い、彼の運命は変わる。「主君を皇帝に」。しかし主が志半ばで倒れてから彼の中に芽生えたのは、若く有能な軍師・周瑜(しゅうゆ)への言いようのない嫉妬と焦りだった。そして運命を決める「赤壁(せきへき)の戦い」が迫る。

目次

  • 第一章 大望の翼
  • 第二章 将星
  • 第三章 小覇王
  • 第四章 赤壁
  • 終章 天翔ける虎

製品情報

製品名 戯史三國志 我が槍は覇道の翼
著者名 著:吉川 永青
発売日 2013年09月13日
価格 定価 : 本体850円(税別)
ISBN 978-4-06-277630-1
判型 A6
ページ数 576ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2011年9月、小社より単行本として刊行された。

オンライン書店で見る