聖女の塔 建築探偵桜井京介の事件簿

講談社文庫
セイジョノトウケンチクタンテイサクライキョウスケノジケンボ
  • 電子あり
聖女の塔 建築探偵桜井京介の事件簿
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

長崎県の孤島波手島。明治の教会が残る無人の島で、女たちが火に焼かれて死んだ。宗教的理由による集団自殺か、はたまた。事件性を疑う私立探偵に乞われ、桜井京介は現地へ向かう。その頃、蒼はカルト教団に入信したまま戻らぬ友人を救出しようとしていた。ふたりに迫る悪意の罠。狂気の炎が再び空を焦がすとき、京介は蒼を救えるのか


長崎県の孤島波手島。明治の教会が残る無人の島で、女たちが火に焼かれて死んだ。宗教的理由による集団自殺か、はたまた。事件性を疑う私立探偵に乞われ、桜井京介は現地へ向かう。その頃、蒼はカルト教団に入信したまま戻らぬ友人を救出しようとしていた。ふたりに迫る悪意の罠。狂気の炎が再び空を焦がすとき、京介は蒼を救えるのか。

目次

  • プロローグI──幻視黙示録
  • プロローグII──いやはての丘
  • 殺意の情景(1)
  • 少し灰色の春
  • 独房の聖女
  • 殺意の情景(2)
  • 灰の水曜日
  • ぐろうりや
  • 殺意の情景(3)
  • 顔無き侵入者
  • カルトの方舟
  • 殺意の情景(4)
  • 波手島縁起
  • 鋼の罠
  • interlude
  • 夢と現の狭間に
  • 凶天使の影
  • エピローグI──幾度でも
  • エピローグII──昏き鏡
  • ノベルス版あとがき
  • 文庫版あとがき

製品情報

製品名 聖女の塔 建築探偵桜井京介の事件簿
著者名 著:篠田 真由美
発売日 2013年08月09日
価格 定価 : 本体857円(税別)
ISBN 978-4-06-277626-4
判型 A6
ページ数 528ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年7月、講談社ノベルスとして刊行されたものを文庫化にあたり、一部改筆。

オンライン書店で見る