ユーラシアの双子 下

講談社文庫
ユーラシアノフタゴゲ
  • 電子あり
ユーラシアの双子 下
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

会社を早期退職し、シベリア鉄道に乗った男・石井。旅で男は半生を振り返り、孤独と対峙していた。同じルートを先行して旅する若い女性・エリカの自殺への決意を知り、女性を追う……。舞台は東ヨーロッパを越え、パリからリスボンへ。悠久の大地・ユーラシアを列車で走り、生と死の根源を問いかける、著者畢竟の大河ロマン小説。


会社を辞めシベリア鉄道で旅をする男・石井は偶然、自殺を決意し同じルートを先行して旅する若い女性・エリカの存在を知る。男はその女性の死を思いとどまらせようと、女性の足跡を追う・・・。舞台は東ヨーロッパを越え、パリ、バルセロナ、リスボンへ。悠久の大地・ユーラシアを列車で走り、生と死の根源を問いかける、著者畢竟の大河ロマン。

目次

  • E-twins 5 躍動 Berlin
  • E-twins 6 郷愁 Colmar
  • E-twins 7 流浪 Paris
  • E-twins 8 共鳴 Barcelona
  • E-twins 9 叫び Lisboa

製品情報

製品名 ユーラシアの双子 下
著者名 著:大崎 善生
発売日 2013年07月12日
価格 定価 : 本体676円(税別)
ISBN 978-4-06-277578-6
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 講談社創業百周年記念書き下ろし作品として2010年11月に刊行された。

オンライン書店で見る