異聞 太平洋戦記

講談社文庫
イブンタイヘイヨウセンキ
  • 電子あり
異聞 太平洋戦記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

太平洋戦争は今なお謎に満ちている! 東京大空襲にも真珠湾攻撃にも、史実ならざる「真相」があった。『下山事件 最後の証言』の著者にして大藪春彦賞受賞作家が長年の取材に基づき「あの戦争の闇」を照射する、驚愕のノンフィクションノベル。(講談社文庫)


太平洋戦争は今なお謎に満ちている!
東京大空襲にも真珠湾攻撃にも、史実ならざる「真相」があった。『下山事件 最後の証言』の著者にして大藪春彦賞受賞作家が長年の取材に基づき「あの戦争の闇」を照射する、驚愕のノンフィクションノベル。
10万人以上が死亡したと言われる1945年3月10日の東京大空襲。その前日に日本の連合国向け謀略放送・通称「東京ローズ」では、タイトルに煙(Smoke)や炎(Fire)という言葉が入っている曲が繰り返し流された。日本政府や軍の一部は空襲を事前に知っていて、米国爆撃部隊を招き寄せたのか?(「超空の要塞―異聞 東京大空襲」)
この物語はすべて事実に基づいたフィクションである。
(『THE WAR 異聞太平洋戦記』を改題)

目次

  • 超空の要塞 ―異聞 東京大空襲―
  • 目ン無い千島の群れ ―異聞 真珠湾攻撃―
  • ブーゲンビル日記 ―異聞 海軍甲事件―
  • 鬼の棲む山 ―異聞 久米島事件―
  • 草原に咲く一輪の花 ―異聞 ノモンハン事件―

製品情報

製品名 異聞 太平洋戦記
著者名 著:柴田 哲孝
発売日 2013年07月12日
価格 定価 : 本体581円(税別)
ISBN 978-4-06-277576-2
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年12月、講談社より刊行されたもの。

著者紹介

著:柴田 哲孝(シバタ テツタカ)

柴田 哲孝(しばた てつたか1957年生)は日本のノンフィクション・冒険小説作家。東京都。日本大学芸術学部写真学科中退。フリーのカメラマンから作家に転身して作家に。
2006年に『下山事件 最後の証言』で第59回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)と第24回日本冒険小説協会大賞(実録賞)をダブル受賞、2007年に『TENGU』で第9回大藪春彦賞を受賞。著書は『サイコパス』『中国毒』『チャイナ・インベイジョン 中国日本侵蝕』『国境の雪』など多数。1986年から1990年のパリ・ダカールラリーにドライバーとして参戦、アマゾン川での世界最大の淡水魚ピラルク釣行など冒険心に溢れ、。モータージャーナリストとしても活躍した経験を持つ。

オンライン書店で見る