老猿

講談社文庫
ロウエン
  • 電子あり
老猿
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ありふれ男の平穏は唐突に破られ、思いがけない冒険が始まった。
若い女と、「老猿」と共に。

定年を目前に妻子と別れ、ひとり軽井沢の陋屋(ろうおく)に移り住んだ中里太郎。寂寞に包まれた生活が揺れ動きだしたのは、向かいに暮らす変わった年寄りを「老猿」と名付けたときからだった。老猿、そして瀟洒な別荘で愛人生活を送る中国女の正体は。奇妙な隣人と共にいつしか日常を逸脱した中里は、思わぬ地へと向かう。

私は六十年間、淫したものはない。(中略)淫するものがなかったということは地獄を見ずにすんだということだ。微温の中の幸福を生きてきた気がした。――<本文より>

製品情報

製品名 老猿
著者名 著:藤田 宜永
発売日 2013年06月14日
価格 定価 : 本体857円(税別)
ISBN 978-4-06-277570-0
判型 A6
ページ数 576ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 講談社創業100周年記念書き下ろし作品として、2010年6月に小社より単行本として刊行された。

オンライン書店で見る