奉行の杞憂 八丁堀手控え帖

講談社文庫
ブギョウノキユウハッチョウボリテビカエチョウ
  • 電子あり
奉行の杞憂 八丁堀手控え帖
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

独断専行、一匹狼の探索を得意とする若き隠密廻り同心・深見十兵衛。だが今度の遠山奉行からの命は勝手が違う。北町奉行所の同心の間で起きた刃傷事件と、禁制品の鉄砲所持が明るみになった捨訴。老中水野に取り入った目付の鳥居耀蔵に介入されたくない遠山奉行は、十兵衛に、同僚たちの内偵を命じた。あぶり出されたものは? 恨みを買っていた者は誰か? くぜ者揃いの組織の闇に、若き十兵衛は斬り込めるのか? (講談社文庫)


「隠密同心深見十兵衛」胸のすく活躍!
若い同心が先輩同心に斬りつけた。奉行所内での衝突にひるまず、十兵衛は“正義”を貫く!!
“身内”の事件にも、容赦はせぬぞ

北町奉行所内で同心が若い同僚に刺される刃傷事件が。そして告発の捨訴(すてそ)が投げ入れられた。鳥居耀蔵らの介入を警戒する遠山奉行は、隠密廻りの十兵衛に内偵を命じる。奉行所内部の事件に、十兵衛得意の独断専行は通じるのか? そして、想いをかよわすお仙との仲も、新たな展開に……!? <文庫書下ろし>

目次

  • 第一章 捨訴
  • 第二章 謎の男
  • 第三章 奉行襲撃
  • 第四章 奉行所表門
  • 第五章 同心の影
  • 第六章 転落

製品情報

製品名 奉行の杞憂 八丁堀手控え帖
著者名 著:稲葉 稔
発売日 2013年06月14日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-277564-9
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る