花埋み

講談社文庫
ハナウズミ
花埋み
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

女性に社会的地位がなかった明治初期、日本初の公許の女医となった女性がいた。その名は荻野吟子。十九歳にして夫から業病をうつされ絶望の淵に立たされながらも、同じ境遇の女性を救うべく世間の偏見に抗して医学を志した。キリスト教への入信、東京から未開の地・北海道への移住など、波瀾に満ちた生涯を描ききった感動長編。

製品情報

製品名 花埋み
著者名 著:渡辺 淳一
発売日 2013年10月16日
価格 定価 : 本体950円(税別)
ISBN 978-4-06-277559-5
判型 A6
ページ数 560ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 単行本 1970年8月 河出書房新社、文庫版 1975年5月 新潮文庫、1978年7月 角川文庫、1993年3月 集英社文庫

著者紹介

著:渡辺 淳一(ワタナベ ジュンイチ)

1933年北海道生まれ。札幌医科大学卒。整形外科医ののち、『光と影』で直木賞を受賞。80年『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で吉川英治文学賞を受賞。作品は、医学を題材としたものから、歴史、伝記的小説、男と女の本質に迫る恋愛小説と多彩で、医学的な人間認識をもとに華麗な現代ロマンを描く作家として、文壇の第一線で活躍。国民的なベストセラーとなった『失楽園』『愛の流刑地』のほか、『孤舟』『天上紅蓮』『愛ふたたび』など多数の著書がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス