股旅探偵 上州呪い村

講談社文庫
マタタビタンテイジョウシュウノロイムラ
  • 電子あり
股旅探偵 上州呪い村
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ねじれたシダしか生えぬ土地、滝壺に吊された女の死体、底なしの井戸、棺から消えた死体がモウリョウとなり村人を襲う・・・渡世人三次郎が足を踏み入れた上州の山奥、火嘗村は、名状しがたいものに彩られていた。そもそも倉賀野宿で看取った病人が、村の災厄と名主屋敷の三姉妹の死を予言して果てたのだった。三度笠の三次郎は「あっしには関わりのねえ」事件に次々巻き込まれてゆく。本格ミステリと痛快股旅小説、奇跡の出会い!


予測不能。時代本格ミステリの快作

よじれたシダしか生えぬ土地、滝壺に吊るされた女の死体、底なしの井戸、棺から消えた死体がモウリョウとなり村人を襲う……渡世人三次郎が足を踏み入れた上州の山奥、火嘗村(かなめむら)は、名状しがたいものに彩られていた。そもそも倉賀野宿(くらがのしゅく)で看取った病人が、村の災厄と名主屋敷の三姉妹の死を予言して果てたのだった。三度笠の三次郎は「あっしには関わりのねえ」事件に次々巻き込まれてゆく。本格ミステリと痛快股旅小説、奇跡の出会い!

目次

  • 第一章 密室は掘割を流れた
  • 第二章 上州吾妻郡火嘗村
  • 第三章 モウリョウ様が来る
  • 第四章 娘の目になにが映ったか
  • 第五章 篝火は闇に消えた
  • 第六章 名状しがたい股旅物のようなもの
  • 第七章 名主屋敷に地獄火を見た
  • 第八章 初夏の風

製品情報

製品名 股旅探偵 上州呪い村
著者名 著:幡 大介
発売日 2014年02月14日
価格 定価 : 本体770円(税別)
ISBN 978-4-06-277553-3
判型 A6
ページ数 496ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る