ファミリー・シークレット

講談社文庫
ファミリーシークレット
ファミリー・シークレット
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

愛する息子を私はなぜ叩き続けるのか。親から受けた虐待のトラウマと向き合い、虐待の“再演”を終わらせるために、柳美里は臨床心理士のカウンセリングを受けることを決意する。そこで明らかにされていく、柳美里自身が消し去ろうとしてきた心の闇とは? 家族の秘密とは? 著者初となる衝撃のノンフィクション。(講談社文庫)


父から私へ、私から息子へ、「虐待」の連鎖を断ち切るために。

愛する息子を私はなぜ叩き続けるのか。親から受けた虐待のトラウマと向き合い、虐待の“再演”を終わらせるために、柳美里は臨床心理士のカウンセリングを受けることを決意する。そこで明らかにされていく、彼女自身が消し去ろうとしてきた心の闇とは? 家族の秘密とは? 著者初となる衝撃のノンフィクション。

目次

1 なぜわたしは愛するわが子を叩くのか
2 「虐待」 カウンセリング第一回2009年8月1日
3 夢に出てきた男の正体
4 ある「虐待母」を訪ねて 名古屋にて
5 「二つの夢と息子」 カウンセリング第二回2009年10月31日
6 わたしと息子の現在
7 「母性」 カウンセリング第三回2009年11月1日
8 畠山鈴香と「碧いうさぎ」
9 父が死ぬ前に、話しておくこと
10 「26年ぶりの対話の前に」 カウンセリング第四回2010年1月24日14時
11 棘を失くした時計
12 「父・柳原孝に逢う」 カウンセリング第五回2010年1月24日16時
13 記憶にかかるフィルター
14 「最後の夢で見たもの」 カウンセリング最終回2010年1月25日
15 家族という檻のなかで

あとがき

製品情報

製品名 ファミリー・シークレット
著者名 著:柳 美里
発売日 2013年03月15日
価格 定価 : 本体648円(税別)
ISBN 978-4-06-277500-7
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年4月、小社より単行本として刊行されたもの。