救命拒否

講談社文庫
キュウメイキョヒ
  • 電子あり
救命拒否
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

講演中の救命医が爆破死傷事件に巻き込まれた。現場に駆けつけた救急救命士に向かい、医師は言う。「私にブラック・タッグをつけろ」――その意味は死。大阪府警が犯人を追うが、二転三転する本ボシに若手刑事は苦悩する。謎の「遺言」と事件の真相はつながっているのか? 乱歩賞作家が問う、喪わされた者たちの悲しみ。医療トリアージ=命の選別をテーマを、警察捜査の臨場感と共に贈る骨太エンターテインメント。(講談社文庫)


「救われる命のために、捨てる命があってもいいと?」
若手刑事が見た、緊急医療現場の苦悩、そして矜持とは。

ホテルの講演会場に仕掛けられた爆弾が、壇上の救命医・若林の命を奪った。怨恨の線で捜査に乗り出した大阪府警捜査一課の岸謙太は、死の間際に若林が自らの救命を拒否する指示を出していたことを知る。難事件が浮き上がらせる、緊急医療現場の苦悶。犯人の動機は。
医療トリアージ=命の選別を問う骨太警察ドラマ!

目次

  • プロローグ
  • 第一章 拒否 The refusal
  • 第二章 選別 The triage
  • 第三章 蘇生 The revival
  • エピローグ

製品情報

製品名 救命拒否
著者名 著:鏑木 蓮
発売日 2013年02月15日
価格 定価 : 本体648円(税別)
ISBN 978-4-06-277477-2
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年2月、小社より単行本として刊行されたもの。

オンライン書店で見る