メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故

講談社文庫
メルトダウンドキュメントフクシマダイイチゲンパツジコ
  • 電子あり
メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

読み始めたら止まらないノンストップ・ノンフィクションの傑作。日本を崩壊寸前に追い込んだ福島第一原発事故。首都圏壊滅、3000万人避難の未曾有の危機に際して、官邸、東京電力、経産省、金融界では、いったい何が起きていたのか? 『ヒルズ黙示録』で鮮烈デビューした著者が、菅直人、勝俣東京電力会長、経産省官僚らキーパーソン約200人を取材してわかった驚愕の新事実。講談社ノンフィクション賞受賞作を文庫化。


「日本の『ベスト&ブライテスト』が誕生した」(ノンフィクション作家・野村進氏)、「これぞ調査報道の真骨頂」(作家・重松清氏)。第34回講談社ノンフィクション賞で、選考委員が絶賛した調査報道ノンフィクションが全面バージョンアップされ、文庫化された。ビデオ映像で明らかになった東電の杜撰な事故対応、脱原発阻止を目論む経産省官僚の陰謀などの新事実を大幅加筆した。
(本書より)「メルトダウンしていたのは、原発の炉心だけではないのだ。原因企業である東電の経営者たち。責任官庁である経産省の官僚たち。原子力安全委員会や保安院の原発専門家たち。原発爆発企業の東電に自己責任で2兆円も貸しながら、東電の経営が危うくなると自分たちの債権保全にだけは必死な愚かな銀行家たち。未曾有の国難にもかかわらず、正気の沙汰とは思えない政争に明け暮れた政治家たち。いずれもメルトダウンしていた。エリートやエグゼクティブや選良と呼ばれる人たちの、能力の欠落と保身、責任転嫁、そして精神の荒廃を、可能な限り記録しよう。それが私の出発点だった」
本書は2012年1月に出版された『メルトダウンドキュメント福島第一原発事故』を全面的に増補改訂したものである。政府事故調や国会事故調など明らかになった新事実と、貴重な一次資料となった東京電力のテレビ電話会議(2012年8月開示)のやりとりを加えて、第1部「悪夢の一週間」を大幅に加筆した。文庫化に伴い、「第4部 静かなる反動」「第5部ゼロの攻防」を新たに書き下ろし、民主党惨敗までの経緯を詳述。原発阻止を目論み、なりふり構わぬ陰謀を仕掛ける経産省官僚とそれに翻弄される民主党政権を克明に描いた。
★メディア絶賛!★
福岡伸一氏(青山学院大学教授・生物学者)「あのとき一体、為されるべきことの何が為されなかったのかを知るための一級資料」(2012年3月11日 朝日新聞書評)「爆発する原発を映すテレビの前で『うわーっ』とうめいて頭を抱える斑目春樹・原子安全委員会委員長。操作ミスから3号機を爆発させてしまった作業員。『脱原発』への向かう菅直人首相を追い落とした経済産業省の官僚たち・・・・・・。責任の転嫁と情報の混乱によって危機が連鎖していくさまは、並みのパニック映画より怖い。しかし、これは実際に起きたことなのだ」(2012年3月11日西日本新聞『3・11を読む』)

目次

  • 第1部悪夢の1週間
  •  第1章 3月11日午後2時46分
  •  第2章 全電源喪失
  •  第3章 放射能放出
  •  第4章 原発爆発
  •  第5章 日本崩壊の瀬戸際
  •  第6章 まだそこにある危機
  • 第2部覇者の救済
  •  第7章 緊急融資
  •  第8章 救済スキーム
  •  第9章 潰された自由化
  •  第10章 インナーの攻防
  • 第3部電力闘争
  •  第11章 仕組まれた原発停止
  •  第12章 サミット深夜の激論
  •  第13章 菅降ろし
  •  第14章 政権崩壊
  • 第4部静かなる反動
  •  第15章 鉢呂の蹉跌
  •  第16章 消えた債権放棄
  •  第17章 秘密会合
  • 第5部ゼロの攻防
  •  第18章 東電落城
  •  第19章 再稼働
  •  第20章 ゼロの攻防
  •  エピローグ
  • 初版あとがき
  • 文庫版あとがき
  • 注と情報源
  • 参考文献

製品情報

製品名 メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故
著者名 著:大鹿 靖明
発売日 2013年02月15日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-277460-4
判型 A6
ページ数 656ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2012年1月、小社より単行本として刊行され、文庫化にあたり、増補・改訂した。

著者紹介

著:大鹿 靖明(オオシカ ヤスアキ)

1965年、東京生まれ。早稲田大学卒業。ジャーナリスト。著書に『ヒルズ黙示録 検証・ライブドア』(2006年)、『ヒルズ黙示録・最終章』(2006年)、『墜ちた翼 ドキュメントJAL倒産』(2010年)がある。『メルトダウン』(2012年)で第34回講談社ノンフィクション賞を受賞(朝日新聞社勤務)。

オンライン書店で見る