遍路みち

講談社文庫
ヘンロミチ
  • 電子あり
遍路みち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

夫・吉村昭氏の死後、氏に関連する来客や電話の応対に明け暮れた日々。三年が過ぎ、再び筆を執った著者が身辺のことを綴った小説集。長年過ごした自宅を建て替え、独り誰も知る人のいない温泉地に滞在する。けれど何をしても感じているのは、夫の気配と思い出だった。(講談社文庫)


何をしても感じているのは、夫の気配と思い出。
吉村昭氏の死後初めて綴られた小説集。
川端康成文学賞受賞作「異郷」を収録

夫・吉村昭氏の死後、氏に関連する来客や電話の応対に明け暮れた日々。三年が過ぎ、再び筆を執った著者が身辺のことを綴った小説集。長年過ごした自宅を建て替え、独り誰も知る人のいない温泉地に滞在する。けれど何をしても感じているのは、夫の気配と思い出だった。

●消えた時計
●木の下闇
●遍路みち
●声
●異郷

目次

  • 消えた時計
  • 木の下闇
  • 遍路みち
  • 異郷
  • あとがき

製品情報

製品名 遍路みち
著者名 著:津村 節子
発売日 2013年01月16日
価格 定価 : 本体476円(税別)
ISBN 978-4-06-277438-3
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年4月、小社より単行本として刊行された。

オンライン書店で見る