犬と鴉

講談社文庫
イヌトカラス
  • 電子あり
犬と鴉
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

空から落とされた無数の黒い犬が戦争を終わらせた。悲しみによって空腹を満たすため、私は図書館に篭る父親の元へ通い続ける。歪んだ家族の呪われた絆を描く力作 (『犬と鴉』)。家業を継がず一冊の本に拘泥するのはなぜか、父と息子が抱く譲れない思い(『血脈』)。定職を持たず母と二人で暮らす三十男、古びた聖書が無為な日々を狂わせる(『聖書の煙草』)。

目次

  • 犬と鴉
  • 血脈
  • 聖書の煙草

製品情報

製品名 犬と鴉
著者名 著:田中 慎弥
発売日 2013年01月16日
価格 定価 : 本体476円(税別)
ISBN 978-4-06-277422-2
判型 A6
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2009年9月に小社より単行本として刊行された。

著者紹介

著:田中 慎弥(タナカ シンヤ)

1972(昭和47)年山口県生れ。山口県立下関中央工業高校卒業。2005(平成17)年「冷たい水の羊」で新潮新人賞受賞。2008年「蛹」で川端康成文学賞を最年少で受賞、同年に「蛹」を収録した作品集『切れた鎖』で三島由紀夫賞、2012年「共喰い」で芥川賞受賞。他の著書に『神様のいない日本シリーズ』『犬と鴉』『実験』等がある。

オンライン書店で見る