絲的サバイバル

講談社文庫
イトテキサバイバル
  • 電子あり
絲的サバイバル
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

今までやっていないことに挑戦しようと始めた「一月一回一人キャンプ」。設備の整ったキャンプ場のみならず、人里離れた自然の中、友人の家の庭など考えつく限りの場所でテントを張る。醍醐味は何といっても焚き火と食事、そして酒。夜には読んでみたい新書のタイトルを考えたり、何かの気配を感じたり……。(講談社文庫)


人気シリーズ第3弾!
キャンプはどこでだってできる、のか? たった一人、自前で挑む突撃エッセイ!

今までやっていないことに挑戦しようと始めた「一月一回一人キャンプ」。設備の整ったキャンプ場のみならず、人里離れた自然の中、友人の家の庭など考えつく限りの場所でテントを張る。醍醐味は何といっても焚き火と食事、そして酒。夜には読んでみたい新書のタイトルを考えたり、何かの気配を感じたり……。

目次

  • たったひとりでいたいのだ
  • 窪地窪地、それと薪ったら薪
  • 親愛なるステファニーへ。
  • キャンプは日常の延長なのだ
  • 氷上デイキャンプ
  • キュウリと猫と宇宙人
  • 大都会の小さなオヤジ世界
  • 焚き火は蹴って育てろ!
  • 嫁に行くなら六合村へ
  • 野獣と椅子焼肉
  • 道なき道、私だけが転ぶ
  • 無題
  • 自問自答
  • 矢木沢リベンジ
  • ~きのこきのこきのこ そして愚かな私
  • 日本海ひねもすのたり
  • 庭キャンプとヤンキー観光
  • カタツムリの内側
  • 純文学風撤収
  • 遥かなる腹の声
  • キャンプをやめてお家へ帰ろう

製品情報

製品名 絲的サバイバル
著者名 著:絲山 秋子
発売日 2012年11月15日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-277417-8
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2009年3月に小社より単行本として刊行されたもの。

著者紹介

著:絲山 秋子(イトヤマ アキコ)

1966年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。メーカーに入社、営業職として福岡、名古屋、高崎などに赴任。2001年退職。'03年に「イッツ・オンリー・トーク」で文學界新人賞、'04年に「袋小路の男」で川端康成文学賞、'05年に『海の仙人』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、'06年に「沖で待つ」で芥川賞をそれぞれ受賞。他の著書に『逃亡くそたわけ』『エスケイプ/アブセント』『ダーティ・ワーク』『ばかもの』『妻の超然』『末裔』『不愉快な本の続編』、エッセイ集『北緯14度』『絲的メイソウ』『絲的炊事紀 豚キムチにジンクスはあるのか』『絲的サバイバル』などがある。

オンライン書店で見る