捜査官

講談社文庫
ソウサカン
  • 電子あり
捜査官
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

青森県警の元似顔絵捜査官・杉澤洋二と警察庁警備局の警視正・成瀬公大が、核廃棄物最終処分場建設反対派が起こすテロを捜査する。県警、公安、警備保障会社、23年前の事件、そして“エス”――さまざまに絡み合う思惑を解くきっかけは、たったひとつの手がかりだった――。警察小説の要、“捜査”を2つの視点から描ききる、これぞ警察“捜査”小説! (講談社文庫)


手がかりを、見つけだせ。
第54回江戸川乱歩賞受賞作家 末浦広海が書き下ろす
乱歩賞受賞後第一作にして最高の警察“捜査”小説!

青森県警の元似顔絵捜査官・杉澤洋二と警察庁警備局の警視正・成瀬公大が、核廃棄物最終処分場建設反対派が起こすテロを捜査する。県警、公安、警備保障会社、23年前の事件、そして“エス”――さまざまに絡み合う思惑を解くきっかけは、たったひとつの手がかりだった――。
警察小説の要、“捜査”を2つの視点から描ききる、これぞ警察“捜査”小説!

目次

  • 第一章 磁場
  • 第二章 融合
  • 第三章 臨界
  • 第四章 共鳴
  • 第五章 照射
  • 第六章 崩壊
  • エピローグ

製品情報

製品名 捜査官
著者名 著:末浦 広海
発売日 2012年10月16日
価格 定価 : 本体581円(税別)
ISBN 978-4-06-277395-9
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2009年9月に小社より刊行されたもの。

著者紹介

著:末浦 広海(スエウラ ヒロミ)

1964年兵庫県生まれ。関西学院大学経済学部卒業。2008年『訣別の森』で第54回江戸川乱歩賞受賞。

オンライン書店で見る