おひとりさま、犬をかう

講談社文庫
オヒトリサマイヌヲカウ
  • 電子あり
おひとりさま、犬をかう
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「犬をかいたい」幼い頃の夢を30代で叶えてから十数年。子犬の育児に悪戦苦闘。湘南への移住と犬との暮らしで変わった人生。犬が教えてくれたこと。幸せな別れと次への一歩……。覚悟さえあれば手に入る“イヌ充ライフ”をユーモアたっぷりに描いた「独身・家持ち・40代」少女漫画家の赤裸々エッセイ。<文庫書下ろし> (講談社文庫)


折原みと 「はじめに」より

 犬でも猫でもウサギでも、生き物と一緒に暮らすのってラクじゃない。
 ましてや、「おひとりさま」ならなおさらだ。
 さしずめ、シングルマザーが母ひとり子ひとりの子育てをするようなもの!? ……と言ったら大ゲサかもしれないが、少なくとも私にとっては、そのくらいの覚悟のいることだった。
「大人になったら、絶対に犬を飼う!!」と心に誓ったのは小学生三年生の頃。
 ようやくその夢を実現させたのは、それから20数年後、30を過ぎてからのこと。
 犬を飼える生活と環境、ひとつの命を守り育てるだけの自信と責任感を持てるまでには、それだけの年月が必要だったのだ。
 今から15年前、
「よっしゃー!! 犬を飼うぜ!!」と一大決心した30代独身少女漫画家は、長年住み慣れた東京から湘南の海野街へと移住し、周囲の心配を他に車の免許をGET。ゴールデンレトリバーの子犬を「家族」として迎えた。
 13年半の間、最高のパートナーとなってくれた“リキ”との出会い、初めての子犬の「子育て」。犬と一緒の湘南ライフ。犬を飼ったおかげで気付いたことや経験できたこと。犬がつないでくれた人との縁。時にはタイヘンなことも、振りまわされることもあるけれど、それでも間違いなく幸せで、かけがえのない犬との生活。
 少女漫画家はイメージが大事なので(笑)、今まであまり私生活はさらさないようにしてましたが、この本では
「リア充」ならぬ「イヌ充」作家のリアル人生と日常、ぶっちゃけます!!
 動物を飼っている方にも、そうでない方にも。
「おひとりさま」にも「おふたりさま」にも「ファミリー」にも。
 いろんな方に、楽しんで読んでいただけたら幸いです。
 どうぞ気楽におつきあいくださいませ。

目次

  • もくじ(2012年6月28日現在)
  • 1、おひとりさま、決意する――犬ライフへの長い道のり
  • 1、涙のかっぱえびせん
  • 2、オスカルとアンドレ
  • 3、人生最大の悲劇
  • 4、小笠原ショック!!
  • 5、一世一代の大決心
  • 6、人生大改造プロジェクト
  • 2、相棒犬を探せ! ――わくわくプレシーズン
  • 1、アインシュタインに憧れて
  • 2、講演料は犬
  • 3、なんたってリキ丸
  • 4、天使降臨!
  • 3、おひとりさま、ママ(?)になる――犬を飼うって子育てと一緒!?
  • 1、運命の出会いの日
  • 2、一日目から大号泣!!
  • 3、子育てに悪戦苦闘
  • 4、おバカ犬騒動記
  • 5、おひとりさまに母性の目覚め!?
  • 4、湘南わんこ物語――海とわんこで人生が変わった!
  • 1、 脱、夜型!! 湘南デビュー
  • 2、 犬と歩けば友達ができる
  • 3、 リキが教えてくれたこと
  • 4、 モトとれ、わんわん
  • 5、 イヌ充すぎると結婚できない!?
  • 5、命を預かるということ――愛情と責任と
  • 1、八ヶ岳にタビ犬参上!
  • 2、ドッグカフェのオーナーになっちゃった!
  • 3、八ヶ岳わんこ事件
  • 4、犬の幸せは飼い主で決まる
  • 5、幸福の代償
  • 6、すべての犬は永遠じゃない――さよならの時が来ても
  • 1、その日へのカウントダウン
  • 2、クリスマスの誓い
  • 3、心強い味方
  • 4、リキとの最後の10日間
  • 5、日だまりの中で
  • 6、しあわせなさよなら
  • 7、ペットロスにならない方法――悔いなく愛すること
  • 1、悲しみは分かちあうもの
  • 2、うれしかった言葉、傷ついた言葉
  • 3、ガマンなんてしない!
  • 4、悔いなく愛すること
  • 8、素晴らしき哉! 犬との人生――
  • 1、これって運命!?
  • 2、二代目がやって来た!
  • 3、夢の中のバトンタッチ
  • 4、神さまからの最高の贈り物

製品情報

製品名 おひとりさま、犬をかう
著者名 著:折原 みと
発売日 2012年09月14日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-277374-4
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る