文庫版 死ねばいいのに

講談社文庫
ブンコバンシネバイイノニ
  • 電子あり
文庫版 死ねばいいのに
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

死んだ女のことを教えてくれないか。三箇月前、自宅マンションで何者かによって殺された鹿島亜佐美。突如現れた無礼な男が、彼女のことを私に尋ねる。私は彼女の何を知っていたというのだろう。交わらない会話の先に浮かび上がるのは、人とは思えぬほどの心の昏(くら)がり。極上のベストセラー。(講談社文庫)


嘘を重ねるほどに、真実に近づいていく。京極夏彦が紡ぐ究極の謎(ミステリー)
「王様のブランチ」「ダ・ヴィンチ」などで絶賛! 極上のベストセラー!!

死んだ女のことを教えてくれないか。三箇月前、自宅マンションで何者かによって殺された鹿島亜佐美。突如現れた無礼な男が、彼女のことを私に尋ねる。私は彼女の何を知っていたというのだろう。交わらない会話の先に浮かび上がるのは、人とは思えぬほどの心の昏(くら)がり。極上のベストセラー。<解説・辻村深月>

※本作品は2010年5月に単行本として刊行されたものです。文庫版として出版するにあたり、本文レイアウトに合わせて、加筆訂正がなされていますが、ストーリーなどは変わっておりません。

目次

  • 一人目。
  • 二人目。
  • 三人目。
  • 四人目。
  • 五人目。
  • 六人目。

製品情報

製品名 文庫版 死ねばいいのに
著者名 著:京極 夏彦
発売日 2012年11月15日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-277351-5
判型 A6
ページ数 466ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年5月に単行本として刊行されたもの。文庫版として出版するにあたり、本文レイアウトに合わせて、加筆訂正。

著者紹介

著:京極 夏彦(キョウゴク ナツヒコ)

1963年北海道生まれ。’94年『姑獲鳥の夏』でデビュー。’96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞受賞。この二作を含む「百鬼夜行シリーズ」で人気を博す。’97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、’04年『後巷説百物語』で直木賞、’11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。他の著書に、「百鬼夜行シリーズ」の未来を舞台とした「ルー=ガルーシリーズ」などがある。

オンライン書店で見る