箱の中

講談社文庫
ハコノナカ
  • 電子あり
箱の中
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「ダ・ヴィンチ」誌上でBL界の芥川賞作と謳われた、木原音瀬(このはら・なりせ)の不朽の名作が、ついに一般文庫に!

「本作は、愛によって人間が変化していくさま、真実の愛を知った人間が周囲の人間に影響を与えていくさまを、高い密度で表現している。」
―三浦しをん氏(解説より)

『箱の中』全編と、続篇の『檻の外』の表題作を一冊にまとめた、「箱/檻」の決定版!

堂野崇文は痴漢と間違われて逮捕されるが、冤罪を訴え最高裁まで争ったため、実刑判決を受けてしまう。入れられた雑居房は、喜多川圭や芝、柿崎、三橋といった殺人や詐欺を犯したという癖のある男たちと一緒で、堂野にはとうてい馴染めなかった。「自分も冤罪だ」という三橋に堂野は心を開くようになるが、あっけなく裏切られる。ふたたびふさぎ込んでしまった堂野。母親に請われるまま殺人犯として服役する喜多川が堂野に与えた優しさは、生まれて初めて喜多川に芽生えた「愛情」だった。

製品情報

製品名 箱の中
著者名 著:木原 音瀬
発売日 2012年09月14日
価格 定価 : 本体724円(税別)
ISBN 978-4-06-277325-6
判型 A6
ページ数 456ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年3月に蒼竜社より刊行されたノベルス版「箱の中」と、同年5月に刊行されたノベルス版「檻の外」表題作を「箱の中」として一冊にまとめたもの。

著者紹介

著:木原 音瀬(コノハラ ナリセ)

BL小説界では多くの女子信者を持つ人気作家、一般文庫に初めて登場!

オンライン書店で見る