霧笛の余韻

講談社文庫
ムテキノヨイン
  • 電子あり
霧笛の余韻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

霧笛が呼ぶ襟裳岬ですれちがった謎の美女千鶴子は、新進作家白沢に死の影を落とし、朝里川温泉のホテル火災で消息を絶つ。社長秘書の彼女には五億円着服の噂がまつわり、同社の幹部が墜落死した。両事件の関連を牛尾刑事は疑い、白沢は瓜二つの妹志鶴子と共に姉の足跡を追う。終着地で見た天地が逆転するほどの人間の暗黒とは? (講談社文庫)


先生、また私の中に姉を見ているんでしょう。

五億円着服の嫌疑をかけられ失踪した姉。
瓜二つの妹とともに足跡を追う。

製品情報

製品名 霧笛の余韻
著者名 著:森村 誠一
発売日 2012年08月10日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-277324-9
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2004年12月双葉文庫より刊行されたもの。

著者紹介

著:森村 誠一(モリムラ セイイチ)

森村誠一(もりむら・せいいち)1933年埼玉県熊谷市生まれ。青山学院大学卒。9年余のホテルマン生活を経て、1969年に『高層の死角』で江戸川乱歩賞を、1973年に『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞を受賞。1976年、『人間の証明』でブームを巻き起こし全国を席捲、『悪魔の飽食』で731部隊を告発して国際的な反響を得た。『忠臣蔵』など時代小説も手がけ、精力的な執筆活動を行っている。2004年、第7回日本ミステリー文学大賞を受賞。デジカメ片手に俳句を起こす表現方法「写真俳句」も提唱している。2011年、講談社創業100周年記念書き下ろし作品『悪道』で、吉川英治文学新人賞を受賞する。シリーズ第二作『悪道 西国謀反』も好評。

オンライン書店で見る