トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所

講談社文庫
トレイシーニホンヘイホリョヒミツジンモンジョ
  • 電子あり
トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

得体の知れない敵国、日本を丸裸にするため、アメリカはすさまじい執念とエネルギーを費やし極秘に捕虜尋問センターを準備した。暗号名はトレイシー。日本人の国民性、心理、戦術、思想、都市の詳細などについて捕虜たちが提供した情報が、やがて日本の命運に大きくかかわってくる。講談社ノンフィクション賞受賞作。(講談社文庫)


アメリカにとって捕虜=「情報」だった
日本兵は、なぜ尋問官にあらゆる情報をしゃべったのか

得体の知れない敵国、日本を丸裸にするため、アメリカはすさまじい執念とエネルギーを費やし極秘に捕虜尋問センターを準備した。暗号名はトレイシー。日本人の国民性、心理、戦術、思想、都市の詳細などについて捕虜たちが提供した情報が、やがて日本の命運に大きくかかわってくる。講談社ノンフィクション賞受賞作。

太平洋戦争期の日本兵は、戦陣訓の「生きて虜囚の辱(はずかしめ)を受けず」の一句に代表されるような考え方で教育される一方、捕虜に関するジュネーブ条約の内容についての教育を受けておらず、捕虜となった際の作法や対処法が身体化されていなかった。
――加藤陽子(東京大学教授)<解説より>

目次

  • プロローグ 丸裸にされた日本列島
  •  第一節 爆撃目標としての「皇居」
  •  第二節 暗号名「トレイシー」
  •  第三節 アメリカは捕虜から何を聞きだしたか
  • 第一章 秘密捕虜尋問センターの罠
  •  第一節 ロンドン
  •  第二節 ワシントン
  •  第三節 私書箱651、トレイシー、カリフォルニア
  •  第四節 海軍日本語学校
  •  第五節 ある尋問官の回想
  •  第六節 エンジェル島
  • 第二章 空母「飛龍」と潜水艦呂号第61の男たち
  •  第一節 捕虜第一陣
  •  第二節 ミッドウェーの敗者たち
  •  第三節 潜水艦乗組員の悲劇
  •  第四節 太平洋艦隊司令長官ニミッツ大将の訪問
  •  第五節 真珠湾の零戦操縦士
  • 第三章 A─airシリーズと爆撃目標情報
  •  第一節 サイパン陥落
  •  第二節 合同攻撃目標グループ(JTG)
  • 第四章 陸軍省日本資料会議
  •  第一節 集結した「日本の専門家」たち
  •  第二節 日系二世の語学兵に下された密命
  • 第五章 ワシントンの日本人捕虜第一号
  •  第一節 知りすぎた男、海軍大佐沖野亦男
  •  第二節 「フォート・ハント」での尋問
  • 第六章 ブロッサム
  •  第一節 サイパン・ブラックラジオ
  •  第二節 グリーンズ・エリア
  • 第七章 硫黄島の秘密
  •  第一節 最激戦地からの生還者
  •  第二節 明かされた最高機密
  • 第八章 盗聴された大島浩大使
  •  第一節 ベルリンからワシントンへ
  •  第二節 緊迫した国際情勢のもとで
  •  第三節 収容所を揺るがした「原爆投下」
  • 第九章 それからの太平洋戦争
  •  第一節 厚生省援護局からの照会
  •  第二節 牧野一則上等兵曹はなぜ射殺されたか
  • エピローグ 尋問官長ウッダードと靖国神社
  •  第一節 過去を消した情報将校
  •  第二節 靖国神社の存続は誰が決めたのか
  • あとがき
  • 文庫版あとがき
  • 主要参考文献・資料
  • 取材・資料協力者

製品情報

製品名 トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所
著者名 著:中田 整一
発売日 2012年07月13日
価格 定価 : 本体743円(税別)
ISBN 978-4-06-277310-2
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 講談社創業100周年記念書き下ろし作品として、2010年4月に小社より単行本として刊行されたもの。

オンライン書店で見る