カスティリオーネの庭

講談社文庫
カスティリオーネノニワ
  • 電子あり
カスティリオーネの庭
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

清朝最盛期の乾隆帝に宮廷画家として仕えたイタリア人宣教師ジュゼッペ・カスティリオーネ。現地名「郎世寧」として中国絵画史にも大きな足跡を残した彼は、離宮の狭い一画に十二支をかたどった噴水と西洋式の宮殿を造るよう命じられ、仲間の宣教師と心血を注ぐ……。西洋の目が見た皇帝一族の光と影。(講談社文庫)


現在でも高い人気を誇る清朝・乾隆(けんりゅう)帝が、宣教師らに命じて築き上げた西洋庭園をめぐる歴史の光芒。
当代きっての中国文学者による異色の歴史小説

清朝最盛期の乾隆帝に宮廷画家として仕えたイタリア人宣教師ジュゼッペ・カスティリオーネ。現地名「郎世寧(ろうせいねい)」として中国絵画史上にも大きな足跡を残した彼は、離宮の狭い一画に十二支をかたどった噴水と西洋式の宮殿を造るよう命じられ、仲間の宣教師らと心血を注ぐ……。西洋の目が見た皇帝一族の光と影。

※本書は、1997年9月に文藝春秋より刊行されたものです。

製品情報

製品名 カスティリオーネの庭
著者名 著:中野 美代子
発売日 2012年07月13日
価格 定価 : 本体819円(税別)
ISBN 978-4-06-277306-5
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1997年9月に文藝春秋より刊行されたもの。

オンライン書店で見る