儒教と負け犬

講談社文庫
ジュキョウトマケイヌ
  • 電子あり
儒教と負け犬
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東京・ソウル・上海、負け犬三都物語! 東京の負け犬は、上海では「余女」、ソウルでは「老処女」と呼ばれていた! 儒教の影響が残る三国の負け犬たちの比較で、結婚できない事情がいっそう明らかに。
内容(「BOOK」データベースより)
負け犬(日本)、老処女(韓国)、余女(中国)。何故、この三国で晩婚化が進むのか?負け犬の敗因が浮き彫りに…。

製品情報

製品名 儒教と負け犬
著者名 著:酒井 順子
発売日 2012年06月15日
価格 定価 : 本体476円(税別)
ISBN 978-4-06-277276-1
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2009年6月、小社より単行本として刊行された。

オンライン書店で見る