時輪の轍 千里伝

講談社文庫
ジリンノワダチセンリデン
  • 電子あり
時輪の轍 千里伝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『僕僕先生』著者の中華ファンタジーシリーズ第二弾!弓の奥義を窮(きわ)めた仙女・麻姑(まこ)のもとで修行を始めた千里。ある日、山から姿を消したばかりの弟分が、老人の姿になって戻ってくる。同じ頃、世界各地で奇妙に時間が歪み始め、千里は突如現れた謎の少女に惹かれていく。千里と仲間たちは狂った時を元に戻すべく、再び旅に出るが――。白熱のシリーズ第二弾。(講談社文庫)


少年・千里は、空の翼に恋をした――。千里が修行する武宮・丹霞洞麻姑山(たんかどうまこさん)に、1人の少女が姿を現した。名は空翼(くうよく)。得体の知れない少女をかくまううちに、世界に異変が起き始める。共に修行した弟子は老い、かつての仲間は青年になっていた。狂い始めた時間の謎を解き明かすため、千里は再び旅に出る!

製品情報

製品名 時輪の轍 千里伝
著者名 著:仁木 英之
発売日 2012年07月13日
価格 定価 : 本体629円(税別)
ISBN 978-4-06-277271-6
判型 A6
ページ数 392ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年10月、小社より単行本として刊行されたもの。

著者紹介

著:仁木 英之(ニキ ヒデユキ)

1973年、大阪府生まれ。信州大学人文学部卒業。2006年『夕陽の梨―五代英雄伝』(学習研究社)で第12回学研歴史群像大賞最優秀賞、『僕僕先生』(新潮文庫)で第18回ファンタジーノベル大賞を受賞。「千里伝」シリーズは、これまでに計3作が刊行されている。

オンライン書店で見る