嶽神(下) 湖底の黄金

講談社文庫
ガクジンゲコテイノオウゴン
  • 電子あり
嶽神(下) 湖底の黄金
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

仲間を信じ、知恵をしぼって辛くも生き延びている多十一行に、服部半蔵から最強の刺客たちが放たれる。妖術をあやつり、もはや復讐の鬼と化した殺人集団に対して、勝機はあるのか? 御遺金のありかは? 男たちの生き様と熱い絆を描き、最後の最後まで気が抜けない時代伝奇小説の名作、圧巻の大団円!


とんでもなく恰好いいヒーロー!

仲間を信じ、知恵をしぼって辛くも生き延びている多十一行に、服部半蔵から最強の刺客たちが放たれる。妖術をあやつり、もはや復讐の鬼と化した殺人集団に対して、勝機はあるのか? 御遺金のありかは? 男たちの生き様と熱い絆を描き、最後の最後まで気が抜けない時代伝奇小説の名作、圧巻の大団円!

好きだ。好きだ、好きだ、好きだ。
私は、長谷川卓の『嶽神』が好きでたまらない。なぜ、それほど好きなのか。時代伝奇小説の傑作だからだ。すべての小説ジャンルの中で、時代伝奇小説をもっとも愛する私は、この作品を読んでいるとき、幸せだった。よくぞ、この時代のこの国に生まれたものだと、天に感謝した。(文芸評論家・細谷正充)

目次

  • 第九章 牙打ち
  • 第十章 伊賀四天王
  • 第十一章 朽木一族
  • 第十二章 鳥遣い
  • 第十三章 入らずの森
  • 第十四章 《墓場》
  • 第十五章 血闘
  • 第十六章 御遺金

製品情報

製品名 嶽神(下) 湖底の黄金
著者名 著:長谷川 卓
発売日 2012年05月15日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-277256-3
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2004年1月・3月・6月に中央公論新社より刊行された「獄神忍風1~3」に加筆・訂正し、上・下巻に分冊したもの。

オンライン書店で見る