疾き雲のごとく

講談社文庫
ハヤキクモノゴトク
  • 電子あり
疾き雲のごとく
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

継母と弟を斬り堀越公方(ほりごえくぼう)となった足利茶々丸。遊女・香月(かげつ)を伴い奥修善寺の隠し湯へ赴いた茶々丸は、湯壺で痩せぎすの若僧と打ち解ける。その正体も知らず――(「修善寺の菩薩」)。戦国黎明期を駆けた伊勢宗瑞(そうずい)こと北条早雲とは破滅の凶手か、革命の嚆矢か。宗瑞が照らし出す名だたる武将たちの光と影を描いた名篇集。(講談社文庫)


継母と弟を斬り堀越公方(ほりごえくぼう)となった足利茶々丸。遊女・香月(かげつ)を伴い奥修善寺の隠し湯へ赴いた茶々丸は、湯壺で痩せぎすの若僧と打ち解ける。その正体も知らず――(「修善寺の菩薩」)。戦国黎明期を駆けた伊勢宗瑞(そうずい)こと北条早雲とは破滅の凶手か、革命の嚆矢か。宗瑞が照らし出す名だたる武将たちの光と影を描いた名篇集。

※本書は2008年7月に宮帯出版社より『疾き雲のごとく――早雲と戦国黎明の男たち』として刊行されたものを加筆、修正したものです。

目次

  • 道灌謀殺
  • 守護家の馬丁
  • 修善寺の菩薩
  • 箱根山の守護神
  • 稀なる人
  • かわらけ

製品情報

製品名 疾き雲のごとく
著者名 著:伊東 潤
発売日 2012年03月15日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-277217-4
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2008年7月に宮帯出版社より「疾き雲のごとく――早雲と戦国黎明の男たち」として刊行されたものを加筆、修正したもの。

オンライン書店で見る