悲運の皇子と若き天才の死

講談社文庫
ヒウンノミコトワカキテンサイノシ
  • 電子あり
悲運の皇子と若き天才の死
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

雑誌編集者・長谷見(はせみ)明は、実家の屋根裏で、祖父・伸幸の遺した絵を発見。そこには、飛鳥時代、罠にかけられ、十九歳の若さで死んだ有間皇子(ありまのみこ)が描かれていた。そして若き天才画家と呼ばれていた伸幸も、太平洋戦争末期、理不尽な召集を受け、二十五歳で戦死。謎を探る明だったが……。十津川警部、驚愕の結末!


三つの死の接点を探るとき、歴史の闇が暴かれる!

西村京太郎の熱き思いが迸る、歴史ミステリーの傑作!

雑誌編集者・長谷見(はせみ)明は、実家の屋根裏で、祖父・伸幸の遺した絵を発見。そこには、飛鳥時代、罠にかけられ、十九歳の若さで死んだ有間皇子(ありまのみこ)が描かれていた。そして若き天才画家と呼ばれていた伸幸も、太平洋戦争末期、理不尽な召集を受け、二十五歳で戦死。謎を探る明だったが……。十津川警部、驚愕の結末!

目次

  • 第一章 一枚の絵
  • 第二章 有間皇子の謎を追う
  • 第三章 藤白峠の死
  • 第四章 答を求めて
  • 第五章 座談会
  • 第六章 日記
  • 第七章 日記の続き
  • 第八章 三人が死んだ

製品情報

製品名 悲運の皇子と若き天才の死
著者名 著:西村 京太郎
発売日 2012年02月15日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-277187-0
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 講談社創業百周年記念書き下ろし作品として、2009年3月にノベルスとして小社より刊行されたもの。

オンライン書店で見る