海翁伝

講談社文庫
カイオウデン
  • 電子あり
海翁伝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

瀬戸内の水軍・河野氏を祖として、若狭を経て蝦夷地で花開いた松前氏。戦国期、主君への忠義を果たしつつ、前田利家の勧めによって上洛し、豊臣秀吉から交易権を得、さらには徳川家康に安堵されて藩主に。秀吉、家康という二人の天下人に認められ、戦わずして北の大地を護り通した一族を描いた歴史長編。


我らは殺生を禁ずる一党なり。

瀬戸内の水軍・河野氏を祖として、若狭を経て蝦夷地で花開いた松前氏。戦国期、主君への忠義を果たしつつ、前田利家の勧めによって上洛し、豊臣秀吉から交易権を得、さらには徳川家康に安堵されて藩主に。秀吉、家康という二人の天下人に認められ、戦わずして北の大地を護り通した一族を描いた歴史長編。

目次

  • 河原御所の変
  • 淡路屋丹下
  • 土豪劣紳
  • 修験僧
  • 箱館の里
  • 氷上の駒
  • 都の渦
  • 京への途
  • 瀬戸内参り
  • 蝦夷の殿
  • 明暗の辻
  • 散椿
  • 海翁

製品情報

製品名 海翁伝
著者名 著:土居 良一
発売日 2012年01月17日
価格 定価 : 本体724円(税別)
ISBN 978-4-06-277150-4
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る