モモちゃんとアカネちゃん

講談社文庫
モモチャントアカネチャン
モモちゃんとアカネちゃん
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

結婚って、離婚って何? 夫婦って何? これは鳥肌がたつほど納得させられる物語です。

靴だけが帰ってくるようになったパパ。体調を崩したママのところには死に神までやってくる。モモちゃんと妹のアカネちゃんは少し大きくなって――結婚のみならず、離婚や別れとはなにかを明確に教えてくれた、日本で初めての物語。『モモちゃんとアカネちゃん』『ちいさいアカネちゃん』収録。

この二つの小説を読みながら、わたしは、何度も、「まことにもって!」と呻きました。その声を聞きつけたしんちゃん(次男・五歳)が、心配そうに、書斎のドアをそっと開いてその陰から、小さい声で、「ぱぱ、おこってるの?」といったのでした。「おこってないよ、しんちゃん」とわたしはいいました。「ぱぱはこうふんしているだけ」――<高橋源一郎 解説より抜粋>

※本書は、小社より1974年に刊行された『モモちゃんとアカネちゃん』と1978年に刊行された『ちいさいアカネちゃん』を一冊にまとめ、修正のうえ文庫化したものです。

製品情報

製品名 モモちゃんとアカネちゃん
著者名 著:松谷 みよ子
発売日 2011年12月15日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-277148-1
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 小社より1974年に刊行された「モモちゃんとアカネちゃん」と1978年に刊行された「ちいさいアカネちゃん」を一冊にまとめ、修正のうえ文庫化したもの。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス